hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 09日

別府で忘れられないこと。。。


c0189085_10254975.jpg


こんなお風呂に毎日歩いて通ってました。
地域の住民が使うお風呂の料金はせいぜい150円から200円くらい。
回数券を買えばかなりの安さ。さすが別府。
「勝手にお金を入れて箱」しかない温泉も多かった。
その頃家で使うのはシャワーのみでお風呂場の掃除が楽でしたわ。

その頃住んでいた家の近くに「白菊寮」はありました。

<大分県立図書館> 豊の国情報ライブラリーより抜粋

別府市の児童福祉施設“光の園白菊寮”はシスター長田シゲが戦後、戦災孤児や混血児、浮浪児の世話をすることからスタートしました。当時別府にあった米軍キャンプの兵士たちは白菊寮を訪れてボランティア活動を行っていました。その兵士たちのなかに ジョン・O・アーンという将校がいました。彼はその後神奈川県の座間キャンプに異動しますが、昭和35年、白菊寮改築の資金が不足していると聞き、座間キャンプの兵士たちとある賭をして資金を得ることを思いつきました。その賭とは、神奈川から別府まで2週間で歩くという奇想天外なことでした。彼は見事に歩き通して賭は成功し、資金を得ました。彼はその後も同じような方法で資金を作り、それが基金となって白菊寮改築が昭和38年~41年にかけておこなわれました。

アーン少佐は昭和40年に米国勤務を命じられるのですが、自ら志願してベトナムに赴任します。ベトナムなら日本に近く、クリスマス停戦の時に日本に戻り、募金活動が続けられることなどから決意したものでした。しかし、昭和41年1月アーン少佐の愛娘、バーバラさんから1通の手紙が白菊寮に届きました。「クリスマス停戦の前、ジープで見回っていた際、地雷に乗り上げ吹き飛ばされた。」というアーン少佐の戦死を伝えるものでした。白菊寮は深い悲しみに包まれました。

この寮の敷地の中に小さな教会がありました。
一度その教会を訪ねた事が有りましたが、壁面に彼らの写真が飾ってありました。

若いアーン少佐の写真。永遠に若いままの写真。

この教会の前によくかわいい子供達が座り遊んでました。
この世を生きるのは厳しく辛い事ばかりが多いけど。
孤児院の改装資金を援助する事を偽善と笑われたであろけど。
アーン少佐のように自分の良心に沿って生きる事を見習いたいです。

私は時々この寮の事を思い出します。

戦後、進駐軍の基地となった別府。戦争の傷跡。
その時期は大変な混乱状況だったと土地のご老人に聞きました。
キリスト教の奉仕の精神が根本にあったと思いますが、
このような自分の良心に沿った行動を貫いた人も居たのですね。


c0189085_10482345.jpg

湯布院。家から近かったので平日に時々遊びに行きました。
由布岳のふもと。この辺りは積雪も多いのです。これが住んでみて驚いた事。
冬は九州とは信じられない程の寒さでした。

c0189085_1131113.jpg


大分、熊本を旅した時に感激したのは、わき水の豊かさでした。
水の国九州。山岳部のわき水は特に美しかった。
[PR]

by norihana333 | 2010-04-09 11:00 | 別府もくもく


<< 行きたかったな〜      そこまで言うのは疲れるので自分... >>