hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 24日

大相撲。千秋楽。

c0189085_22461038.jpg

蒼国来関。中国出身。身体は小柄ですがとっても相撲がうまい。
注目して観てます。
c0189085_22484335.jpg

稀勢の里関。ご存知横綱キラー。笑
24歳と若いのになかなかふてぶてしいのです。188センチと大きいな〜。
c0189085_22515625.jpg

栃煌山関。高知県安芸市出身。こちらも若い23歳。
ここ数場所成績がふるわなかったけど。上に上がられる力士さんだと思います。

両国の大相撲千秋楽を観て来ました。
やっぱりあの会場で相撲を見るのは楽しいです。
一緒に相撲見物の友人二人は相撲部屋主催のパーティーに参加なので着物で正装。
髪もばっちり!素敵だわ〜。りっぱな女っぷりですわよ。

取り組みが終わり優勝力士の表彰が粛々と進んで行きました。
今日は千秋楽なので見てみたかった「神送りの儀式」が有るはず。
土俵の神様に帰って頂く為のこの儀式。
行事を胴上げすると聞いて興味しんしんでした。笑 どんな儀式なんだろう??

髷もゆえてない入門直後の若者が5人ほど土俵に上がり「出世力士手打ち式」が始まる。
なんだなんだと見守っていると親方衆と出世力士、若者頭(幕下以下の力士の監督指導を
行う者)世話人(相撲競技用具の運搬、保管等の管理、雑務の責任者)が土俵にならび
三本締めを行いました。
このとき会場のそこここからその入門直後の男の子達へ「がんばれよ〜」と声が係って。

ちょっとじ〜んとしてしまいました。今から大変だろうけど、頑張ってね。
私もそう思ったよ。みんな最初は新弟子なんだから。。。。頑張れみんな。

そして儀式の最後の「神送りの儀式」。入門仕立ての力士5人が正装の行司さんを取り囲み、
胴上げ始めました。アナウンスも「この胴上げで土俵の神様を送り返します」と流れた直後。
出世力士たちは行司さんを土俵に落としてしまったのです。

ええっ行司さんが土俵に墜落している。。。。
私の周りのお爺ちゃんたちも大笑いでした〜。大丈夫か〜!

地面から立ち上がった行司さんは帽子も取れて、ぼろぼろでしたが。
その後も数度、宙に舞ってました。大変なお仕事ね〜笑

外に出てぷらぷら両国駅に向かっていると。国技館横の幕内力士が入場する当りの道に
隙間を見つけ、何の気なしに立ってみると。後ろにみるみる人垣が出来ました。
そう、知らずに優勝パレードの最前列に自然に立っていたようで。。。。
いろんな人の相撲談義なんかを聞きながら待つ事10分。

オープンカーに乗った白鵬関が目の前をゆっくり通り過ぎて行きました。素敵でした。
[PR]

by norihana333 | 2011-01-24 23:23 | 大相撲


<< 餃子好き      この器で昆布の煮物をよく食べました。 >>