hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:東北( 6 )


2013年 08月 12日

美味しい。

c0189085_1629047.jpg

男鹿ホテル。温泉は源泉掛け流しだった。源泉が出る部分がオレンジ色に変色してた。塩分が沢山含まれててしょっぱかったけど肌にはさいこ〜だろうな〜と思ったりする。腰が痛かったわたし。湯あたりするかって勢いでお湯に入る。どろろ〜ん、身体から緊張が抜けるのだ。温泉大好き。露天のぬる湯に長い時間はいってました。景色もきれいだし会話も楽しく、ほんとに命の洗濯になりました。温泉に人が少ないな〜って思ったけど東京の温泉が特別人が多くて異常なんですよね、たぶん。
そしてごちそうを頂きました。この日本酒もとっても美味しかったわ。「喜一郎の酒」東京に売ってるかな。漬け物はいぶりガッコ。お土産に買ってきた。

c0189085_1630101.jpg

食事の途中で「磯焼き」だったかな??仲居さんが説明しながらお魚を煮てくれる。丸く角が削れるまで海の潮にもまれた溶岩を焼き、水を張った桶の中にまっかな溶岩を入れて鯛を煮てくれました。これで日本語合ってんだろうか。むむっ。秋田のお味噌はやさしい味だった。お味噌に麹が入ってると言ってたと思う。たぶん。

c0189085_16295465.jpg

写真を撮り忘れたけど、ショッツル焼そばもとっても美味しかった。塩分効いてます。地元の人に教えてもらったが、最近はおにぎりにもショッツルを使うらしい。握る時の塩の替わりに、ちょっと衝撃的だった。真似してみようかな。

最近のあま〜りの暑さに2階で寝る事が出来ず、神棚のある1階和室で寝てます。この和室冬は思いっきり寒く、夏はそこそこ暑いのでまだ眠れるのです。昨日夜中に頭の上でかさかさ音がする。ふんっと目が覚めたけど神棚の椿がわさわさしてた。なんだろ〜なになにと一瞬思ったけど、ささっと寝てしまった。そう言えがお盆ですた。
[PR]

by norihana333 | 2013-08-12 16:52 | 東北
2013年 08月 11日

秋田は酒どころ。

c0189085_21162971.jpg

「飛良泉」秋田のお酒。

由利郡仁賀保(にかほ)町のお酒。鳥海山の伏流水、原始のブナ林が涵養し100年~ほど濾過された水が湧き出る自家井戸の水を用いて酒造されてるそうです。室町時代の創業。室町って。。。。1487年の操業だそうです。すごいわ。味は「さらりとして口あたりよく、薫りも喉越しも申し分ありません」と批評で書かれてました。私たちはそんなに日本酒の味がわかる訳ではなんですが、燻製されたようなスーモーキーは香りと重めののどごしに主人と感動しました。素晴らしいわ。
重かったがお土産に買ってきて正解でした。
[PR]

by norihana333 | 2013-08-11 21:31 | 東北
2013年 08月 11日

提灯の光が空を舞う。

15年前くらいに私が日本を離れる時に母から貰った先祖の写真。偶然数日前に主人が倉庫から発見してくれた。額に入れて壁に飾る。

ああこの人が母の実の父だ。と名前を確認した日がそのお爺ちゃんの命日だった。命日をお母さんに電話で教えてもらえた。母ちゃんありがとう。煙草が好きな人だったな。残念ながら私は愛された記憶はまったくないが命をつないでもらえました。ありがとうございました。

写真のお爺ちゃんは男前。亡くなった沢山の先祖の姿と共に正装で写真に納められてた。知らないけど懐かしい人たち。複雑だった母の家族縁を思うと胸が熱くなる。お盆が来ましたね。夜線香の香りで目が覚める。夜の闇の中で私が母子家庭で切羽詰まっていた時に、経済的に助けてくれた子供服の会社の社長の事をふと思い出す。もう亡くなって13年。脳腫瘍でした。いろいろありがとうございました。夜の闇はまた違う思い出を運んできてくれる。実家の近くの踏切で、車がエンストしパニックを起こしたのか逃げ遅れて亡くなった同級生の事を思い出す。子供さんも小さかったのね。さぞかし無念だったと思う。もう何年になるのかな。この前難病で亡くなった友達のご主人の近況を聞いた。奥さまを看病して最後まで見送って10年。再婚されたようです。良かった。生きている人間は生き抜かないといけないと思うの。また新しい人生を生きて欲しいな。強い人たちでした。私はその腹の据わり方を尊敬する。難病で少しずつ身体が動かなくなってなくなりましたが心は最後まで精妙でした。思い残す事はお子さんの事だったと思うけど、18歳となりアメリカの大学に進まれ現世への思いは一段落となったようです。今日テレビでブラジルの街が映ってました。その地の日系人の子孫として生まれた友人の事を思う。もしブラジルか日本で働いていたらあのような死に方はしなかったんじゃないかな。日本語から離れて暮らすのは彼女には辛かったんじゃないかと思う。

そんな記憶が夜の闇の中で線香の香りと共に蘇る。夢を見る訳ではないんだけど、ふと目が覚めると思い出すのです。花火のように。死者の思い出はネズミ花火のようだと、飛行機事故で亡くなった向田邦子は書かれていた。ほんとにそうだな。突然に余韻もなく思い出す死者の記憶。この前秋田県の竿燈祭りを初めて見たんだけど。奇麗だった。あの竿燈が夜空に立ち上がる時も、沢山の縁のある亡くなった人の事を思い出しました。提灯の光って死者の魂のようだわと思った。沢山の竿燈についた提灯が屈強な男性の手に乗せられて暗い空高くいっせいに登った時、沢山の魂も空に登ったかのような気持ちになりました。昔は竿燈が街を練り歩いたようです。街頭のない街角で竿燈はさぞかし美しかったと思います。
c0189085_17205743.jpg


秋田での豪雨はやはり大きな被害を残しました。まだ行方不明の方も居られるようです。一日も早く行方不明者が発見されますように。そして迅速に復旧が進みますように思います。
c0189085_17282590.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-08-11 17:26 | 東北
2013年 08月 08日

地方巡業は楽しい。

c0189085_122318.jpg


寒風山を背にはためく登り。ここは秋田県、男鹿半島での大相撲巡業。空が高いですね〜。
一度伊勢神宮での大相撲巡業を見て以来、地方巡業の楽しさに目覚めた私たち。田舎で見るお相撲は敷居が低くお相撲さんが目の前を歩くのもまた楽しい。とーぜん食べ物やお酒も新鮮で美味。あまり見た事もないお酒も良く売ってます。そして回りから聞こえる訛りもまた楽しいのだ。秋田の男鹿でお爺ちゃん達から話しかけられたが、かなり。。。。わかんなかった。凄い特色のある方言で聞いていてウキウキ。訛り大好き。若い人と話すと訛りは感じられないのがちょっと寂しい。訛りって素敵です。

c0189085_12101729.jpg


この会場で売られていた100円の普通の焼き鳥。普通の家庭用の塩胡椒で味付けして炭火で焼いて売ってた。これが、びっくりする程美味しかったわ。2本食べてから美味しさに感動しまた買いに行ったら、腰にタオルを巻いたお相撲さんも焼き鳥屋さんの列に並んでた。ショッツル焼きそばにも並んでた。地方巡業楽しい。
[PR]

by norihana333 | 2013-08-08 12:19 | 東北
2013年 08月 05日

寒風山からの眺め

c0189085_854399.jpg


男鹿半島のランドマーク寒風山へ。アクセスバスで寒風山の頂上へ向かいました。男鹿市のアクセスバスを今回は何度も活用させてもらいました。一日1000円乗り降り自由。土日、祝日運行です、Aコースで期間は10/27日までなり。親切なガイドさんもバスに乗車されてますので、なんでも質問に答えてくれました。ありがとうございました。

c0189085_911866.jpg


空がほんっとに高く感じる。空気が澄んでます。日差しはキツかったけど湿気をほとんど感じなかった。樹々の陰を見ていても高原のヒカリだな〜と思った。

c0189085_932138.jpg


野生の百合がぽつぽつ咲いてました。満開かな。
男鹿半島は元は島だったようです。知りませんでした。さぞかし美しい島だったと思います。なまはげ伝承の里。独自の文化の島だったのではないかなと思います。
山頂から見る八郎潟。元は海と繋がった湖で日本第二位の大きさだったようです。大きい湖だったろうな〜寒風山から見ても広大だった。旅行に行ったぐらいで気楽に批判は出来ないけれど、干潟を残す選択肢もあったんではないかなとも思う。男鹿半島の神社「神山神社」の参道下でお参りさせてもらいましたが。山がご神体の神社でした。なまはげはこのお山の精霊なんでしょうね。地元の方は「神様が年に一度みんなの家に来てくれるんだ」と話しておられて素朴で素敵だな〜と思いました。独自の文化や訛りって素晴らしい。

c0189085_913326.jpg


可憐な花。ピントがぼけてるうえに名前がわかりません。
[PR]

by norihana333 | 2013-08-05 09:22 | 東北
2013年 08月 04日

男鹿半島。入道崎の夕日

c0189085_11235629.jpg


秋田県、男鹿半島の入道崎。到着したその日の夕方、夕日を見に行きました。

c0189085_11244440.jpg


晴れてたが風が強かった。陽は海に隠れ、風が体感を奪うのか気温は高いのに寒くて寒くて鼻水が。。。。でも夢中で海と空を見てました。はるか遠くの海の海面がうっすら丸くなってた。地球が丸いとまた実感するくらい180度にわたる絶景でした。強風に雲の形が刻々と変化して行きます。

c0189085_11261626.jpg


全身から力が抜けました。ぼーっと海と空を眺めるだけで時間が過ぎて行きました。

c0189085_11275570.jpg


足下には。強風や潮風にも負けず小さな花が咲いてました。

c0189085_11294494.jpg


行った事ないけどまるでアイルランドみたい。行った事ないけどまるでハワイ。まるでニュージーランドみたい行った事ないけど。などと、行った事ないけどシリーズで感動を口にする私たち。NZの北島にオームステイしていた友人がまるでかの国の景色にそっくりと太鼓判を押してくれました。夏の日本海は初めての経験でした。短いからこそ夏を喜ぶ。カナダと一緒だな。

さてこの入道崎。知らなかったのですが「日本の夕焼け100選」に選ばれたそうです。行くまで知らなかったが圧倒的な風景でした。
c0189085_12592735.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-08-04 11:36 | 東北