hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スピリチュアル( 7 )


2009年 05月 22日

ちょっと苦しかった一夜

昨日の夜は。。。なんだか胸騒ぎがして眠れませんでした。
ちょっと苦しかった。ざわざわとした表しようのない感覚。

一晩中なにが起こってるんだろう 
と自問自答しながら朝を迎えました。

個人的には最近は大変静かに暮らしてるので、
こんなに苦しむ理由が。。。???なのです。

苦しかった一夜も、明けました。
朝日を見たらほっとした。

わたしの住む辺りは快晴で強風、澄んだ空気に満ちてます。
この強風で新型インフルエンザもぜひ 吹き飛ばして頂きたい。

本日は神棚の榊を交換しようと思ってます。だから山に行ってきます。
そう この辺りは本榊が自生してる所が何カ所かありまして。
榊を買わなくって良く成りました。散歩で本榊の樹を見つけた時は嬉しかった〜

それと お家の神棚の氏神さまの札を、
地域の一宮に変えさせて頂くことにしました。
ちょっといろいろと思う事がありまして。。。

神棚の右にお祭りしてる氏神札への神霊の巡回が薄く、
ちょっとアンバランスなようです。まあ 話し半分で聞いてくだされ。苦笑

祓われたように美しい空の下、おばさんは榊を求めて山へ。。。
行ってまいりま〜す。
[PR]

by norihana333 | 2009-05-22 09:22 | スピリチュアル
2009年 05月 16日

霊的世界から離れる

この数年、精神世界でお給料を頂いてた自分ですので
ちゃんちゃらおこがましくって人様に色々言える状態では有りませんが。
ちょっと「不可思議な事」から遠ざかります。
孤独だけど、一人に帰ります。どうせ生まれてきた時も死ぬ時も一人だし。

ちょっと試してみます。

昨日新宿で茂木さんの講演を聞いてきました。
なんで茂木さんに自分なりに惹かれるのかを考えてみた。。。

要するに、この方は見えない世界をとても大切にされてる。
現実的な現象に隠れた心象への敬虔な思いと共に
子供のような情熱と純真さを感じるからかな。
お話に決して不思議を持ち出さない。もし、分っていたとしても。

好きなのはその辺りが大きいかも。。。
私も見えない世界への敬虔な思いは有りました。。。
その後、仕事にして。疲弊しました。

そして、また見えない世界への
真摯な思いを自分なりに心に抱いております。
だからこそ人が語る霊的な世界から離れたいと思ってます。
[PR]

by norihana333 | 2009-05-16 22:02 | スピリチュアル
2009年 02月 17日

安典にいちゃん

6月の吉日に生まれ。
血液不適合の合併症から、高熱を出し苦しんだ私のお兄さん。

頑張って、頑張って。一週間生き抜きました。
「安典」と名づけられその後亡くなりました。

母は精神的に変調をキタすほどの苦しみを経験したと
私に話してくれました。

両親に取って初めての子供。
万全を期して大きな病院で出産したのですが。
その子がこの世に残る事は叶わなかった。

その後、この世に生まれた姉と私は、
お産婆さんで自宅出産の形を取る事となりました。
当時としては珍しい事でした。

その名前しか知らない、
母と父の心にしかいなかった兄を良く思い出します。
どうも私を通してこの世を楽しんでるとしか思えません。笑

写真も残ってない「安典兄ちゃん」
一週間しか生きれなかったにいちゃん。

でも、毎日思い出します。
行きていれば、もう54歳。

話しがしたかったな〜 
私があの世に行くまで会話はお預けですね。
身一つで逢いに行きますね。



c0189085_02414.jpg


明石海峡を車で渡ったときの写真。
美しい景色でした。四国に生まれた事を感謝しました。

でもこの後、スピード違反で主人は免停となりました。苦笑。
[PR]

by norihana333 | 2009-02-17 00:30 | スピリチュアル
2009年 02月 11日

迷いやすい自分

約2年前。富士山の6合目で寝袋でキャンプした事が有ります。
夏でしたが寒くって震えた。でもCanadaで買った寝袋はほんとに暖かかった。
星は本当に奇麗で手が届きそうでした。
富士山の土って活性炭のよう、身体が浄化されたのがよく分かりました。

その日はマヤ暦で新年。
まあ良く有る世界の平和を祈るイベントだったんだけど。。。。
私はそのような、スピ系のイベントに参加するのは初めてでした。
今後もそのようなイベントに参加する事はないと思います。

その時、イベントに参加された中年の女性から
あるヒーラーさんの名前を聞きました。
ある国家免許を持つ方のお話でした。名前も知らないかた。
とっても短い会話でしたが、心の底で憶えていなければいけないと思い
無意識に必死で名前を記憶したと思います。

でも正直な所、その方の名前と業績を聞いた時は
「へえ〜そうなんだ」ぐらいでした。

でも家に帰ってから気になって仕方がなくなりました。
寝ても覚めてもその名前を思うわけです。尋常ではなかったかも。
検索しまくりました。頑張った。それしか発見方法がなかったので。

HPを見つけてセミナーに参加したい旨をメールで送りました。
紹介者がいないと参加出来ないセミナー形式だったためです。

まあ、結果的にそのセミナーに参加し、
自分にとっては衝撃的な霊的経験をし今に至っております。
このセミナー以外の霊的なセミナーは全部止めました。すっきりさっぱり。
あっ。。。江原さんの講座と公演は別です。笑

ただここ最近、その方のセミナーで自分が「お願い事」をする事に
???な気持ちが胸に込み上げてきて。人の事ではありません。

お願いって自分が頑張った末に
その事の成功をお願いするならまだしも。

基本はやっぱり「感謝」を捧げるのみでしょ。な〜んて生意気に思ったり。
生きるとは自分自身で立つって事では。そう思ったり、
卑小な自分はやっぱりお願いしたいと思ったり。苦笑。迷い始めました。
願い事はおもに家族の健康の回復ですね。

ストンと身体中にエネルギーが入った時は幸福感に包まれました。うねるようで。
問題はその後自分自身がその幸福感に囚われた事です。

私は暗いトンネルの中に入りました。暗闇ですね。
迷いに迷いました。

私は弱いなあ。と思った。

でも日だまりの猫みたいな気質がある事に感謝したい。
悩み抜くと、まあ良いかと思いを離せるの。普段は。
でもこの件は自分に今だに手こずってます。

今日やっと暗闇から4センチくらい抜け出られたかもです。

結論はですね。好きな講師だったら迷わずに信じろって事でしょうか。
ぐずぐず言わずに直感を信じようと思いました。

紹介してくれた、富士山を信じよう。

誰にでも向くセミナーだとは思わないですし、
誰にでもおすすめする事は出来ませんが。
私には心からの救いとなりました。




c0189085_2324583.jpg


自分が見つけた「光」を信じて、
前に進んで行きたいと思います。
[PR]

by norihana333 | 2009-02-11 23:35 | スピリチュアル
2009年 01月 10日

野菜のおいしさ

この数年、スピリチュアル業界に係って思った事。

「私は八百屋さんのスピおばさんでいたい」でした。

その人と話すとなんだか落ち着く
その人と一緒にいると笑える
そこに行くと短い間だけど元気がもらえる。
その上美味しい野菜を買って帰れる。
おまけに身体とこころの栄養になるわけです。笑

要するに見えないモノを売りものにして貨幣を得るより
ちゃんとモノを売って貨幣を得たいと思ったわけです。

絶対的な能力を持ってその状況から逃げられない人以外
霊能力を売り物にしないほうが良いし。するべきではない。
そして自分はその販売過程に係るべきではないな。と思ったんですね。
まあ確信したんです。

仕事は八百屋さんでなくても、なんでも良いのですが。
人に喜んでもらえれる事がやっぱりやりたいな。

素朴な野菜の美味しさのように、じわじわ身体に浸透し
会ったときドキッとする、ぴりりと効いた山椒のような人間になりたいな。
そう思ってます。これは大きな野望なのです。あははっ。


c0189085_929549.jpg


こんなに寒くても乾燥してても、手をかければ花は咲くわけで。

スマップじゃないけどみんな多種多様な自分の花を
ひっそりと咲かせれば良いのだなと思いました。
[PR]

by norihana333 | 2009-01-10 09:42 | スピリチュアル
2009年 01月 09日

見えなくてもそこにあるもの。

見えないものを大切に生きる事ができるか。

例えば、このPCに書いてる日記。
始めたのは純粋に自分の記憶を掘り起こしたかったから。

なくなっていった人の事や
なくなってしまった景色

そんなもう見る事は出来ないけど、記憶の中にしっかり残ってる
見えない人達の事をもう一度考えてみたかったから。
まあどんな完成度になるかはお楽しみなのですが。

c0189085_10134572.jpg


私にとっての見えない人達の最高峰、伊勢神宮。
また見えない尊い者達を感じながら参拝したいわ。
[PR]

by norihana333 | 2009-01-09 10:19 | スピリチュアル
2009年 01月 04日

スピリチュアルタイム公演

ル テアトル銀座で開催されている
江原啓之「スピリチュアル タイム08-09」に行ってきました。

以前働いていたエリアなので、昼食はあのレストランで〜
と思っていたのですが、やっぱり。。。まだお正月休み中でした。残念!

ぎりぎりでメキシコ料理のお店で「エンチラーダ」を久しぶりで食べました。
う〜ん 美味しい! 今度おうちで作ろう。

調子に乗って「ビール!」でお腹いっぱい。
良い気分のまま公演に参加させて頂きました。

一部は霊的真理に沿ったお話。
2006年春に初めて江原さんの講座に参加させて頂いた頃を思う内容でした。
草月会館で行われた講座の二部に参加させて頂き
少しでも前に座りたいとかなり早くから並びました。
たくさんの出会いがありました。かけがえの無い友達とも出会えました。
だから私には今も「先生」です。

二部では公開カウンセリング。
質問状を引く前に会場の中央を指差し
「その辺りにご主人を亡くされた方はおられますか?」と声かけ
「はい!」と一人の女性がすぐ手を上げられました。
実は公演が始まるときから、江原さんが
「今日はチケットの要らない男性客が多いですね」と仰ってました。
どうもその亡くなられた男性が奥さんを元気ずけたかったらしく
先生から離れなかったらしいです。念が強い人の思いは通じますね。

今回質問を読み上げられた方は男性の方とご夫婦が多く
テーマは「夫婦愛」「家族愛」でした。
子供さんが虐められている、と質問を読み上げられた男性の方は
江原さんに「んっ???どうして貴方達夫婦はこんなに争ってばかりなの?」
と言われ。意表を突かれたようにびっくりされてました。
その後奥さまも壇上にあがり、二人が争う事で子供さんがご両親の顔色ばかり
伺って生活していると霊視されてました。
壇上に上がられたお二人に「貴方達は神の粗い粒子を宿してるんですから」

「父ちゃん神さま」
「母ちゃん神さま」

人が良心と呼ぶ物が「神我」
不意に涙が溢れて来ました。

江原さんは愛の人だな〜
壇上から降りようとするお二人に
マイクを伏せていろいろお話されてる姿が。。。
最近江原さんの活動に関して、自分なりに批判的に思う事もあったんですが

やっぱり自分が出来る範囲内で、心を込めて愛をこめて
サポートして行こうと思いました。

自分の真理にいたる道は
こんなにまっすぐ天空に向かう道ではないでしょうが。
一歩一歩進みたいですね。

c0189085_1217524.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-01-04 12:31 | スピリチュアル