hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

いっぽいっぽ遍路道を歩いていた

私は讃岐生まれ。お遍路さんの遍路道の近くで生まれました。
生まれた家は日蓮宗で、お爺ちゃんはまったく違う宗派のお坊さんでした。
要するにお寺さんです。宗教的にはお遍路さんとは遠い位置で育ちました。
神道からも百万年光年ぐらい遠かったかもです。

でも 小さかったころ家の門の前で立つお遍路さんに
よくおばあちゃんとご飯を差し上げました。

門の外で大きな声で唱える「仏を呼ぶ言葉」が聞こえると
その日 家にあったいろんな残り物を手に玄関から外まで走りました。

粗末でもご飯を差し上げるのは、自分の中の仏を呼び出す行為だったのでは
なんておばあちゃんを思い出すたびに考えます。

私の家は四国遍路の終わりのお寺に近く
ほんとにぼろぼろの衣服を着たひと達を良く道ばたで見かけました。

私が小さかった頃はまだ皆さん歩いてる方が多かった。
その後ほとんどの旅がバス遍路に変わりましたが、現在は
また歩くと言う原点に戻って来てるように思えます。

真っ黒になった装束を身にまとい(遍路道終盤なので。。)
日に焼けて。村の集会場に良く泊まられてる方も居られました。
持ちモノも最小限でした。

子供後頃に ああこのひと達は命を賭けてる
そう思ったものでした。

「あの人達に帰る家はあるのかな??」「待ってる人は居るのかな」
何とも言えない気持ちとともに子供心にそう思った。子供のセンチメンタルですね。
でも忘れられない記憶です。

今は道路が整備されてますが、日本のそれも四国の田舎道なので
人が歩く事を想定して道を造ってないです。
もし歩くなら、場所によっては命がけです。気を付けて下さい。

集落にあった土葬の亡がらを埋める場所には、
外れに小さな無縁仏がありました。
現在は土葬が禁止となり供養塔が建てられてました。
お遍路さんが行き倒れされた無縁仏もあったと思います。

命を賭けた荒行の四国遍路。
その遍路道の近くで生まれ、命を賭けて歩くひと達を
感じる事が出来た事に感謝したいと思います
[PR]

by norihana333 | 2009-04-30 22:48 | 讃岐よいとこ
2009年 04月 29日

自分が楽になりたかったのか。。。

今日は子供の引っ越し。1年ほど住んでいたアパートを
家族3人でごしごし磨いて来ました。
子供は勤めていた会社は辞める事となりました。
今年中に1200人の皆さんを会社は首にします。
それぞれ抱えるものが違うだろうけど、皆さんの将来に幸と学び多かれと祈ります。

私たちの家からは子供のアパートまでは車で弱一時間ぐらい。
連休中だからか、道はすいてました。

両手一杯のお掃除道具を抱え助手席に座り、
太陽を身体に浴びながらずっと考え事をしてました。

<自分の将来を心配・不安に思う心には、自分が楽になりたいと思う
<自分に執着した気持ちと、ただその人が無事にいてほしいと思う気持ち
<などが混在していたように思います。

この文章をあるHPの投稿欄で読んだとき、ああこの人は私だなと思った。
本当に自分に執着しすぎる思いは苦しい。
それならただその人が無事でありますように。。
そう思うようにします。
私は死んでも良かったんだ。子供が健康で元気になるのであれば。。。

子供は相変わらず生命力が薄い印象で、私たちと会う事で緊張し萎縮してました。
奇麗に成った部屋の空間に感謝を置いて来ました。

掃除の後、一緒にロイヤルホストで食事をしました。
本当にひさしぶりに話しが出来ました。
拒食症なので心配してましたが、ちゃんと食べてました。
ガリガリで元気は無かったけど、ちゃんと生きてて食事をしてて私は嬉しい。

ドリンクバーでお白湯を作って飲んでる私を
主人と子供は笑って見てました。ちょっと幸せでした。
身体の新陳代謝を上げる為に最近「お白湯」を飲んでるので。。。

今わたしは自分の心の中に「天照太御神」を感じていたい。です。
観音さまの純粋に人を助けたいと思う。
その思いを深く身体の中に持っていたいです。




c0189085_18165641.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-04-29 18:18 | 日常
2009年 04月 28日

ぬるぬるつるつる

嵐のような「粉ものの誘惑」をなんとかしのぎ、
その後生まれて初めて「健康ランド」へ行ってきました。

ここは家から近くって、ちょっと気になってたけど
なんだか行きたい気持ちにならなくって。
どよんとした外観があまりにもでして。

持病の腰痛の再発がなかったら行かなかったかな。

これが結論から言うと「妖怪ランド」みたいだった〜!

お風呂屋さんは清潔で有る事が絶対条件だと思うんだが
その清潔感がなかったのだ。これは致命的。

階段の奥には段ボールやゴミが積み上げられ
エステの店員さんは強引に客引きし。
お風呂の排水溝から、表現出来ない嫌な匂いが。
ぅきゃ〜〜っ!
ぬるぬるつるん。

ロビーにいるお祖父さんは完全な酔っぱらいで
土足でふらふら「うぃぃ〜っ!!」なんて叫んでた。びっくり。
場末なちょっと荒んだ空気が。。。溢れてた。笑

それなりに妖怪な感じを楽しんで来たけど
もう行かないと思う。あはは

その健康ランドで一番素晴らしかったのは〜
パナソニックの最新型マッサージチェアでした。
うっとりするほどの多種多様な手技の技!!

すんばらしかったです。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-28 13:14 | 日常
2009年 04月 27日

粉ものの禁断症状

数日前から眠る前に「Dancyu」をぱらぱらと眺めてたら。
素晴らしいお好み焼きのページが私の心を鷲づかみ!

「お好みたべた〜〜〜い!」となってしまった。
主人は「えっ?お好みって あの関西の人がよく食べてるパンケーキだよね」
と苦笑しながら私を見てたけど。。。わたしのソウルフードなのよ!

もう、こうなると。。。止まりません。
土曜日の雨の中、とことこ歩いて買い物へ

c0189085_1112294.jpg


粉にも山芋と出汁で味付けし、豚バラで油を出す。
キャベツは新キャベなの柔らかかったです。

ソースはウスターとトンカツソースを混ぜて、泥ソースで辛みを加える。
そしてお約束のマヨネーズをちょっぴり。。。鰹節と紅ショウガ。涙

関東圏ではウスターをあまり使わないよね。なんでだろ?

って事で、朝からお好み三昧で禁断症状は消えました。
こんな単純な禁断症状ならいつでも来いだわ。美味しいし。

あっ写真がピンぼけだ。。。
粉もん中毒者が食べる前に撮ったから、許してくだされ。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-27 11:22 | 日常
2009年 04月 26日

畳の上の思い出

大爺ちゃんが亡くなったのは、自宅でした。

朝 往診のお医者さんが来られてるとき、
お布団に寝てる大爺ちゃんの顔を見て。
「ああ、今日旅立たれる」と思った。さよなら!おじいちゃん。

私は8歳ぐらいで子供だったけど、そう思った。

その後、小学校で家から連絡があり、
大爺ちゃんが亡くなった事を知らされました。
老衰との事で今から考えれば眠るような大往生でした。96歳。
自分の妻、息子、息子の嫁など皆を看取っての旅立ちでした。

どんな方にも、同じ様なご家族が亡くなられた思い出は有ると思います。
私のとっても、この朝の情景は記憶の表層に刻み込まれました。

今両親が住んでるお家を建てたのも、このお祖父さんだった。
私はこの家の座敷で生まれました。おじちゃんが亡くなった
その畳の上で私は生まれたそうです。
お祖父さんは趣味人でした。お祖母さんがお琴を弾いて
お祖父さんが鼓を良く打ってたそうです。

私がもの心ついた頃は、もうお祖母さんは亡くなれてて。。。
床の間のお琴と鼓だけがそのお話を思い出させてくれました。

思い出って不思議で、思い出すだけで暖かい気持ちになります。
今日ベレンダでお布団を干してる時、暖かい気持ちになって
小さかった頃のちいさな思い出をまた思い出しました。

ちなみに私の父は無口で無骨な反骨心旺盛だけどやさしいな男で、(ごめん!)
趣味人の爺ちゃんとは合わなかったようです。苦笑
まあ 家族なんてそんなもんですよね。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-26 17:54 | 讃岐よいとこ
2009年 04月 25日

お猿の子

わたしの生まれて育った家は、作りは大きかった。

家の中には池や離れ、納屋なんかも点在してて良く走り回りました。
野生児の様に。。。。
池では学校から帰って来たら、蛙を捕まえてザリガニ釣りに精進してました。
まるで男の子でした。
柿の木、枇杷の木、ザクロの木、サクランボの木が野性の様に生えてて
よくよじ上って果実を収穫したもんです。笑
まるでお猿の子みたいだった。猿子と呼ばれた時期もありました。

家の真ん中に、大爺ちゃんの趣味だと思うんだけど
温室が作られてて。良くそこでも遊びました。

ガラスで覆われた温室には、サボテンや奇麗なお花や盆栽が
床と棚一面に置かれてました。奇麗だった。サボテンの刺は痛かったけど。
家族は鳥も好きで、鶯や文鳥の籠も掛ってた。
けっこう風流な温室だったと思います。田舎にしてはだけど。

でも私に取って温室の思い出と言えば「猿」
そう。。。。あの「猿」です。笑
四国の山で捕まった猿を大爺ちゃんは一時預かってたようで。
温室に何故だか猿がいました。
これが。。。。意地が悪かった。わたしに。

家族の中で一番小さい私を、猿は敵視してました。
近くにも寄れず遠くから威嚇して来る猿を見てました。笑
お母さんの後ろに隠れて「さるのばかばか〜!!」
などと遠くから吠えたりもしました。
猿と人間の猿の子は宿敵だった訳です。

少し経ってから「意地悪猿」はこつ然と消えました。
山に返されて様です。ホッとした様な寂しかったような。

庭には孔雀もいたりして。。。不思議な家でした。
今でも大きく広げた孔雀の羽が広がった庭を思い出す。
夢のようですね。
もうなくなってしまった景色ですが私の記憶には残ってます。


c0189085_16282230.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-04-25 16:29 | 讃岐よいとこ
2009年 04月 24日

ハローニューライフ

ハローワークで面接の順番を待ってたとき
隣の女性が声をかけて来ました。
「すみません。この漢字はこれで合ってますか?」ちょっと訛った日本語。
ふっと彼女が持ってる書類に目を落とすと
質問して来た その文章の一カ所は漢字ではなくカタカナでした。

中国から来た若い女性。
私に見せた書類は履歴書でした。
ビッチリ書き込まれたその会社への応募動機。なんだか胸にぐっと来た。

前後の文章を読んで文脈も通ってたので
「これで大丈夫ですよ」と言いました。

異国で失業してると落ち込んでるのかな なんて思うけど
彼女はとっても元気でした。
すごく前向きだった。

えらいな〜とちょっと感動して、今度は周りを見回したら
どよ〜〜〜んとした人達が目につきました。

ある若い男性はハローワークの待ち合わせ場所に
座ってるだけで耐えられないって面持ちでした。

どうした!兄ちゃん!
失業保険を貰えるんやろ? 
いろいろ有るやろけど感謝せんと前に進めんで。

なんて思いました。笑

私もなんですが 腹括って生きていきましょうや。
新しい人生と仕事は明るい心に訪れるのかも。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-24 18:32 | 日常
2009年 04月 23日

お饂飩いろいろ

c0189085_14184547.jpg


これは「伊勢うどん」

伊勢神宮に去年の2月に参拝させて頂いた時、初めて食べました。
これは。。。衝撃的だった。

香川生まれに取ってのうどんの麺とは
きときとのぷりぷりでなければ〜いか〜ん!
とずっと思い込んでたので。

伊勢で食べたお饂飩は麺はとろとろ、卵が絡み、甘めの溜まり醤油がとろりと掛る。
お箸で千切れる麺だった。うう〜〜〜ん。

驚きながら食べ始めたら。。。。

これが美味しかった。

旅行中でちょっと疲れ気味の胃にぴったりだった〜
昔のお伊勢参りの皆さんも疲れた内臓を このお饂飩で休めたのでしょうね。

伊勢では50年ぶりと言われる大雪の中
友人の案内で3日ほど掛けて、ほとんどの神社に参拝出来ました。
伊勢に行っただけで元気一杯になれたのに、
美味しいもんを一杯食べて幸せまんまんで過ごせました。

しかし、関東に帰って来て伊勢饂飩のお店を探したけど
なかなか見つかりません。全国区の味では無いのかな??

伊勢に行かないと食べられない「伊勢うどん」
食べにまたお出かけしたいわ〜。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-23 14:42 | 日常
2009年 04月 22日

人に好かれようと思わない事ですね

なんてね。。。。

c0189085_2236015.jpg


人に好かれようが、嫌われようが。

自分は自分。
そう思える様になったのは、カナダの社会で揉まれたおかげ。
それまでは自由に生きる事が出来ませんでした。

感謝しなきゃ〜 あそこでは色んな人が
人にどう思われ様がおかまいなしに思う存分生きてました。
あの 心意気を私は買います。

日本と海外に時差が有るように、
自分と他者との思いの時差もあるのでしょう。
時差は埋められませんから、違いが存在する事を
認めてゆる〜りと生きていきたいわ。

上の写真はVancouverからNorth Vancouverに渡る橋です。
下から見上げてたら、くらくらして座り込んでしまいました。
空に突き抜けてく実感がありました。
突き抜けるように 思いっきり良く生きていきたいです。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-22 22:45
2009年 04月 21日

日本の作法

c0189085_10185922.jpg


自分の中の「日本人度」が減少していた。。。

と気づいたのは去年からお世話になってたバイト中でした。
東京の有名な高級料亭で 短期間で集中的に働かせて頂いたんですが。
着物での立ち居振る舞いが。。。難しかった。


c0189085_10193431.jpg


実生活では絶対会う事が無いであろう、
超有名な方達をかいま見たりして。ほんと。。。勉強に成りました。
江戸の粋とか、東京の下町気質とか、山手気質などなどを
少し理解出来ました。短期だったので覗き見ただけですが
新しい知識との出会いが有りました。

お茶をなみなみ注いで、駄目だしされたり 笑
私の家族が「てんこ盛り派」なので。。。
まあ 主人の国の人はもりもりが好意の表れですから〜
カジュアルな場では。
カナダでも高級なレストランはちょこっと盛りだけど。。。ね。

日本的な作法を少し思い出しました。
今のわたしの実生活では、まったく生かされてないけど 苦笑
おかげさまで 自分で着物を着れるように成りました。
[PR]

by norihana333 | 2009-04-21 10:37 | 日常