hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 29日

ぷらっとまた旅へ

c0189085_6372257.jpg


朝日が気持ちいい!今日の朝。

名古屋経由で岐阜まで行ってきます。
どうも雨みたいですね、明日は。

今回は雨対策はしっかりと考えます。

午前中は東京でいろいろ片付けて、
昼から「ぷらっとこだま」で名古屋へゴー!
[PR]

by norihana333 | 2009-06-29 06:44 | 日常
2009年 06月 28日

風来坊は団体行動が苦手

c0189085_17353273.jpg


外宮がほんとうに好き。
これは境内外の巨木です。

今回の旅は時間について考えさせられました。
例えば、団体旅行で「今から50分後に食事です」
と言われると私は息苦しくって仕方がなくなります。

その時間を誰かに取り上げられたように感じる訳です。
それならもうその場所に行って静かに時間が来るのを待ってる方がまし。
自分が持ってる時間の短さを再確認させられるような。
そんな気持ちになっちゃって。。。

決められたスケジュールに従う事は数日なら大丈夫。
ずっと団体行動しか許されなかったら、私は精神的に死ぬかも。
丘に上がった金魚みたいに。ぱくぱく

根っから気ままな自分の気質を再確認いたしました。
かといって我が儘でもないのだが。。。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-28 17:53 | 伊勢
2009年 06月 27日

風日祈宮「由貴夕大御饌の儀」

伊雑宮に参拝したその日の夜10時からの
風日祈宮の「由貴夕大御饌の儀」(ゆきおおみけさい)を近くから拝見しました

c0189085_1265914.jpg


由貴とは、このうえもなく尊いことを表すそうです。
神宮では10月に行われる神嘗祭(かんなめさい)、6月と12月に行われる月次祭
(つきなみさい)の3回のお祭りを由貴と呼ぶそうです。
このお祭りは毎日の神饌(みけ)と同じく、朝夕2回行われます。

時間は少し違うようで朝は午前2時、夕は午後10時。
真夜中に行われる「神々のお食事会」ですね。当然写真はNGでした。

c0189085_128435.jpg


私語を境内に入ってから禁止されていた為、まったくの無言。
みんなが歩く玉砂利の音と森の動物の鳴き声
樹の枝にあたる風の音、松明が弾ける音だけが聞こえました。
内宮は提灯が参道の横に設置されてるだけでした。

禰宜の皆さんが神さまにお供えされるのは
まず御箸、アワビ、鯛、御塩、御水、御飯3盛、伊勢エビ、サザエ、鮎、鰹節、
野鳥、レンコン……、そして御餅3盛、乾サメ、ムツ、キス、水鳥、昆布、紫海苔、
大根、柿など、海川山野の約30品目。
そして白酒、黒酒、醴酒、清酒がお供えされます。

私は神官さんたちの所作の簡潔さに感動しました。
すぐ目前で儀式が行われました。松明が熱かった。
祝詞も伊勢では囁くように捧げられます。静かな声でした。

このような作業が毎晩、静かに粛々と行われてるんだな。
やっぱり伊勢神宮は奇跡の地だわ。人間は弱くってひとつの事をなすにも
なかなか持続が難しいのに。2000年も絶える事なく続いている。
その思いと行動に感動しましたわ。

静寂の中、すごいな〜と儀式を見てたら。
どなたかの携帯がぴょろぴょろ〜と鳴った。。。
もうほんとに〜 その場に美輪さんがいたらどえりゃー事になります。笑

まあ、まったく神官の皆さんの動作に影響はなかったけど。

今回驚いた事は、その行事に参加してる個性豊かな方達です。
たぶん霊能関係の方。なにかの「先生」と呼ばれてる方。
宗教関係っぽい方。そして身体中に水晶をじゃらじゃら付けた方。
名誉の為にもはっきり書いておきますが。素晴らしい方とも出会いました。
まあ、いろんな方が居られて。まさに玉石混合でした。
私もその石のひとつなんですが。。。。

一般社会の縮図のようでした。これも良い勉強となりました。

さまざまな我良しのひと達をも惹き付け、のみ込み、清め
それでもあれだけ清浄で居られる。伊勢神宮。やはり素晴らしかった。


c0189085_1213277.jpg


ちなみに名古屋の友人が送ってくれた「近鉄フリー切符」を使って
伊雑宮に行きました。ほんとにラクチンだったの。らんらん♪って感じ
「あの切符はほんとに便利だね〜ありがとうね」と友達に感謝したら。
友人は???って不審な顔をしてました。。。んっ?なにか?

で よ〜くその切符を見たらそれは「近鉄のバスだけフリー切符」でした。
ええええ〜っ がっくん。

って事で私は近鉄電車を無賃乗車してしまいました。
お祭りだったので普段より人が多く。
私は能天気に自信満々でその券を駅員さんに見せ、
駅員さんも全然気にせず。

気づいてからは運賃支払いましたよ〜 
ごめんなさ〜い。もうしません。


c0189085_12201918.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-06-27 12:37 | 伊勢
2009年 06月 26日

田んぼの神さま 伊雑宮「御田植え祭」

外宮の別宮、多賀宮は少し小高い丘の上にあります。

とことこ石に滑らないように階段を上がって行ったのですが。
もう、大雨になって傘も斜めに成るような勢いでした。

お参りが終了して外宮の参道を歩いている時、
雨は小降りになりました。涙
ずぶ濡れでしたが元気一杯になりました。

c0189085_1345775.jpg


空も少し明るくなってきました。

伊勢駅に戻り、JRの入り口から近鉄線に向かいました。
この旅行に行く前に名古屋の友人から「近鉄フリー切符」を送ってもらってました。
この券はほんとに便利だった。なんて親切な友人なのかしらと思ってました。ほほ
これには後日談がごじゃります。



c0189085_1351813.jpg


伊勢神宮、別宮の伊雑宮は「御田植え祭」の日でした。

c0189085_13524866.jpg


少し早く着いたので霧雨の中、お宮の裏手の集会場に集まる
御田植え祭に出る地域のお子さんを見に行きました。
雨の中彼らの準備が整い、お宮にお祓いに行くという時、
伊雑宮の禁足の杜から突風が吹き降りてきました。
お子さん達はその風と一緒に境内へ。。。これは凄かった!

私はその後、すぐに伊雑宮でご祈祷を受けました。
このご祈祷も素晴らしかった。素朴で簡素で。。。
雅楽まで奏でてくれました。
二人の巫女さんが舞いを舞ってくれました。
ただ。。。伊勢神宮特有の拳ぐらいある丸石の上にムシロだけ敷いて
座って「神恩感謝」のご祈祷を受けたので、足が〜〜〜〜危機的状況。

ご祈祷が終わって禰宜さんが「こちらにどうぞ」と呼んで頂いたんだけど、
もう、よろよろへろへろ、よたよたと丸石の上を歩きへなちょこ全開でした。

その頃、御田植え祭はこんな風になってました。

c0189085_141462.jpg


地元の漁師さんや若い男性が、
この「太一」と書かれた竹と笹を田んぼの中で奪い合います。
この日は強風と雨で「太一」の部分が吹っ飛んでました。
太は至高を、一は唯一・根元を表す語として伊勢神宮では大切にされておられます。
太一とは北極星であると後で知りました。★なんですね。


c0189085_1472368.jpg


せっかくなのでこの竹を頂いて参りました。

このお祭りで沢山屋台は出てたんだけど、一番凄いと思ったのは
地元の漁師の方達が穫った岩牡蠣でした。

c0189085_1410434.jpg


地元の人とわいわい喋りながら食べたこの牡蠣、
大きすぎて何度も噛まないと食べれません。
今回たくさんの人に話しかけられて、沢山楽しく会話しました。
ほっんとに楽しかった。

お祭りの後半でぶったまげた事は、泥だらけで田んぼの中で竹を争ったおじさんが
私たちの横に来てくれて、いろいろお祭りについて話してくれた事。
もうスンバらしい笑顔だった。裸で泥だらけ。
その笑顔があんまり素晴らしく「写真撮らせて〜」とアップで激写してたら
知らない間に回りに沢山のアマチュアカメラマンの人垣が出来てた。

私が「田んぼの神さま」を激写してる姿が面白かったらしく、
激写してるつもりが撮りまくられてました。わははっ

一般の方のアップの写真なので、ここに掲載出来ないのが残念!
これがほんとに「田んぼの神さま」みたいな笑顔なんですよ〜


c0189085_14321919.jpg


雨の後の伊雑宮。太陽に当たった屋根から
水蒸気が上がり奇麗でした。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-26 14:16 | 伊勢
2009年 06月 26日

雨は降るふる伊勢の地に パート1

魔界の入り口のような池袋のバス停から(池袋の住人の皆さんすみません)
天空のお城のような清浄の土地、伊勢へ〜

高速バスの車中、四日市辺りで激しい雨がバスを打つ音で目が覚めました。
あれれ。。。窓の外を見ると。凄い雨でした。叩き付けるような激しい音。

正直これはいかんな〜と思った。
明日の夜には雨が上がりますようにと真剣に祈ってしまったわ。

伊勢市に着いたのは朝7時。
荷物を駅のロッカーに預け身軽に成りました。

伊勢市の駅前で、鳥と話しながら餌付けしていたタクシーの運転手さんに
「外宮に連れてって下さい」と声を掛けました。
だってタクシー乗り場に外宮まで運転しますを看板が出てたから。。

運転手さんは鳥の餌付けの手を止めて、私に向かって
「この道を真っすぐだから、歩いて行った方が良いよ」と
乗車拒否と呼ぶには正直明るすぎる善意のお言葉。。。。
その上「お金がもったいないでしょう」と言ってました。爆笑
商売っけがなさすぎて笑える。。。

だから、そのお言葉にそって素直に歩く事にしました。あはは

c0189085_0355014.jpg


美しい厳粛なお宮です。
怖いと一瞬思ったくらいでした。

雨の中傘を差して境内に入った時、参拝客は数名でした。
皆さんが「お早うございます」と声を掛けて下さるのが嬉しかった〜

外宮の本宮に参拝。誰も居なかったので一人で参拝出来ました。
警備の警察の方はボックスの中におられたのですが、
私の姿を見て慌てて飛び出して来られました。

有る意味、貴重な体験だったかもしれません。

その後、外宮の別宮である「風の宮」「土の宮」
ふたつのお宮にお参りしてると、雨が激しく成って来ました。

傘を差し、身体を斜めにして参拝しました。ひとりで。

なんだか、どんどん雨は激烈になって行くのでした。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-26 01:13 | 伊勢
2009年 06月 23日

暗い森のかがり火

c0189085_12425926.jpg


夜の伊勢神宮。

ちょっと想像出来ません。
松明だけでそのお祭りは行われるようです。

明日の夜の伊勢神宮、風日祈宮の「由貴夕大御饌の儀」に参加させて頂きます。
夜10時、かがり火の明かりのなか神さまに後饌(召し上がる食べ物)を
奉る厳粛な儀式だそうです。夜の伊勢神宮に入れるだけで凄いかも。ね。

夜の境内、写真は撮っても良いのかな??聞いてみようっと。
この風の宮は、私は意味もなく大好きなお宮でして。。。
勝手にご縁を感じてるの。


c0189085_12491484.jpg


同じ日行われる伊勢神宮、別宮の伊雑宮の年に一度の大祭
「お田植え祭」にも参加させて頂ける事となりました〜 
こちらは日中です。このお宮。母性の塊みたいでした。
こちらも勝手に深くご縁を感じております。

旅費の節約のため、まいどおなじみ夜行バスで伊勢まで。
今晩出発です。今から荷物をバックパックに詰め込みます。
明日の朝早く、伊勢に着いたらまず外宮にお参り。

伊勢神宮は私にとって「かがり火」みたいな場所。
また行けるのがしみじみ嬉しいです。

家族の「楽しんで来てね。ゆっくりしてきてね。急いで帰って来なくていいよ」
の声を背に感謝の気持ちで楽しく参拝してきます。

んっ??それって 急いで帰って来るなって事かしら。
私がどこかに出かける事を主人はとっても喜ぶのです。

自由に「一人で」家で好きなもん食べて好きな事して
ごろごろごろごろぐだぐだうひうひしたいようです。
なんか。。。どうなのそれ?とも思いますね。ふっ 
[PR]

by norihana333 | 2009-06-23 13:15 | 伊勢
2009年 06月 22日

もっちり。みっちり。

c0189085_11293557.jpg


やっぱり ベーグルが大好き。
あの固い噛みごたえのある
みっちりしたもっちりした食感が大好き。

で、昨日はチキンカレーを作りました。
まったくベーグルとは関係ないのだが。笑
明日から今月末まで旅から旅への、旅ガラスになるので
体調を整える為にカレーを食べ始めてます。
不思議な体調管理だけど私には有効なので。。。
前世はヒマラヤ辺りに生まれたか??もです。

スパイスと塩のみ入れて香菜をトッピング。
南インドのレシピ。ヨーグルトとトマト。かなりの種類のスパイスを投入。

一度印度カレーを本格的に習いたいな、と思ってるけど。
習わなくっても良いじゃん、とも思ってます。
自己流でまあ家族も喜んでくれてる訳だし。。。まあ良いか。

少し疲れ気味だったのだけど、体調が戻ってきました。
昨日は夏至でしたね。天気が悪くって残念でした。
太陽が見たかったな〜 
[PR]

by norihana333 | 2009-06-22 11:43 | 日常
2009年 06月 21日

じゅうぶん暴れてると 思うんだけど。

c0189085_13174321.jpg


ここは香港の市場。。。。。。
ではなく築地です。

そう昨日の朝実が覚めたら、
Gちゃんに築地に行けとのお告げが降りてきたらしく。

行って参りました。



c0189085_13195111.jpg


生まれて初めて「海鞘」の原型を見ました。
うう〜〜〜ん

c0189085_1320428.jpg


とても食べ物とは思えない。
宮崎駿の映画「ナウシカ」のオームを思い出した。
これを食べようと思い料理して、最初に食べた方はえらいなあ。

昼食に「海鮮ひつまぶし」を食べた。
ちょっと値段が張ったけど(¥2,100)美味しかったわ。
でも材料さえあれば自分で作れるかな〜 寿司は握れないけどさ。

食事後、カウンターに座ってた私たち。
おあいそをする為にレジに向かおうと立ち上がった瞬間、

主人が高椅子を後ろにど〜んと倒しちゃった。
大きな音とともに店内の皆の視線がこちらに注がれました。。。

そしたら、Gちゃんが

「暴れる外人じゃありません!」

とひと言。

私は思わず「うまい!」と呟いてしまった。

そう、ちょと前に外国からの観光客(ヨーロッパの方みたいです)が
築地のまぐろ仲買の入っては行けない場所に入り、泥酔して大騒ぎして
外国人観光客の市場への観光が禁止されてたのを。。。皆さん覚えてますか。

そこに引っ掛けた、とっさに出たジョーク。

カウンターの中の寿司を握ってた大将も苦笑いで、
私にウインクしてくれました。あははっ 

鮮やかでござんした。


c0189085_13363433.jpg


こちらは築地本願寺の狛犬??? かな??
あきらかにペルシャ風。

c0189085_13373625.jpg


そして建物はインド仏教の風合いを感じました。



私のおじちゃんのお寺がこちら関係なので
本堂に入った時、お経の音霊が懐かしかった。

そして


c0189085_13394715.jpg


白い象さんが階段の端っこに置かれてました。
沢山の段ボールと一緒に。これって釈迦のお母さまが釈迦を妊娠する時
白い象が身体の中に入ってきた夢を見た。その伝承の象さんなのかな。。。
おっきな、はりはりぼてぼて でした。
眉毛も。。。あるんだ。青の。ふ〜ん。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-21 13:53 | 日常
2009年 06月 20日

尋常ではないから、素敵なのかも

昨日は茂木健一郎さんの講演へ わ〜い!

今回配られたテキストは「Chimpanzees: Self- Recognition 」
これは大変有名なミラーニューロンに関する論文だそうです。
知らんかった。こんな固い英文は読む機会はなかなかない。というか一生ない。
正直 女性雑誌のPeople か新聞ぐらいしか最近読まないから〜

眼鏡を忘れた私は。。。。茂木さんのパワポでのみで読みました。
こんなちっこい字、読めましぇ〜ん。
しかし論文独自の単語が多くって〜 読みにくいです。

「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんと海老蔵さんに
大変不思議な共通点が。。。あった話しも驚いた。

何かに秀でて、突き詰めて修行僧の様に生きてる努力の人って
やっぱりちょっと尋常ではないエピソードが一杯ですね。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-20 08:16 | 日常
2009年 06月 19日

蛍のひかり

c0189085_11124027.jpg


川に蛍が舞い始めました。

真っ暗闇のなか、す〜っと小さな光が舞います。
水辺の近くの雑草にふと止まりました。きれい。
蛍の光を見てるとおばあちゃんを思い出す。

小さかった頃、団扇を片手に家の下を流れる川に
家族と一緒に蛍を探しに行きました。
ただ 探すまでもなくその辺中に飛んでたけど。。。
捕まえた蛍をガラス瓶に入れて寝入るまで眺めてました。

朝起きたら瓶の中の蛍は死んでた。
今思うと残酷な事をしました。
[PR]

by norihana333 | 2009-06-19 11:13 | 日常