hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

すこしお休み

明日から入院してまいります。

日記は少しの間お休みさせて頂きます。
退院して来たら、また再開する予定です。

読んで頂いて「ありがとうございました」
[PR]

by norihana333 | 2009-07-31 15:25 | 日常
2009年 07月 30日

森の番人は神のお使い

c0189085_16384633.jpg


先日の白山中居神社への参拝があまりに素晴らしかったので、
一緒に行った友人達と手紙を添えて日本酒を郵送させて貰いました。
実は「直会」で頂いたお神酒があんまり美味しかったので でへへ
これから参拝される方達にもぜひ召し上がって欲しいな〜と。

お水の奇麗な白山のお宮に、お水はがたがたの東京からお酒を送るのって
どうよ。なんて言ってたけど、 まあ気持ちが大切なので贈らせてもらいました。
それで選んだお酒の名前は自然に「水神」龍の絵が載った御酒です。笑

その手紙を書いた時に「参拝した後、手術する事を決断出来て感謝してます」
と正直に書かせて頂きました。ほんとにそう思ったので。

で、昨日宮司からお手紙が届きました。

拝啓

 文月も開けようとしている今日この頃、梅雨の名残で
雲のおおい今日、やがて来る猛暑の前触れでしょうか?
 
先日は、遠路、山の中の白山中居神社にお参り頂きま
してありがとうございました。
 
 充分な案内も出来ずお礼のお便りと「御酒水神」をご
贈呈いただきましてありがとうございます。

 ◯◯◯さまには「神恩感謝」のご参拝によって、
白山中居神社の千数百年の神杉の生き様を見て、人生の
決断をごく自然になされましたことでしょう。
 病気平癒なされて、元気にご退院なされることをご祈
念申し上げ簡単ながらお礼申し上げます。 謹白

白山中居神社宮司◯◯◯◯

今日の朝、ポストから引き上げて開封して読みました。
汗ばみながらほんとうに幸せな気持ちになり、ちょっと泣けてきました。
元気になってお礼に伺いたいと心の底から静かに熱く思いました。

参拝した時、宮司は何度もなんども境内に生えてる杉について語られてました。
そうか、森が樹が神なんだ。神官は森の番人と言いますが。
本当なんだと思いました。
短い文章でしたが、白山の霊気を感じて胸一杯になり ました。

実は瀧に案内してくれる時、宮司の車(マツダの小型車)で先導してくれました。
一緒に行ったAくんと言う私の友人が、宮司の車を追いかけたんですが
これがまた運転も速かった〜 追いつけなかった〜 
宮司は時々減速して待っててくれました。
スピード狂でしょうか〜ってぐらいの勢いと正確さでした。爆笑
危なげのない高速運転。ただものではない!!

一緒に参拝した友人ご夫婦は30歳半ばなのですが、神職を志し来年から
大学に入学するためにご夫婦で努力されてます。 がんばってほしいな〜

今回の旅で宮司とお話ししたり、宮司の神祭りへの真摯な姿を見た後に
なんだか思いがいっぱいになって「A君、◯◯さんみたいな神職になってね」と
そんな言葉が口から出てしまいました。自然に。。。

かれは「頑張りますよ」と言った後に

「でもあの運転の早さは真似出来ません」

と言ったのでみんなで大笑いになりました。
白山中居神社に行けて、宮司を知る事が出来て
ほんとうにうれしく思います。

c0189085_16462765.jpg
c0189085_16465083.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-07-30 16:50 | 白山
2009年 07月 29日

Now is your Tongue Numb?

朝起きて、朝ご飯を軽く食べて少し活動。また寝て。

うつらうつらとお昼が過ぎ、そしてなんだかまた寝て夕方へ。
体力を付ける為と言い訳してたけど、たいへん疲れてたようです。

自分で言うのも恥ずかしいが、働き者だった。
やっと寝てても大丈夫な環境になったら。。。眠りまくってます。笑




c0189085_18333439.jpg


最近また引っ張り出して来て読んでるのが
彼が子供の頃に読んでた童話。Fox in Socks です。
Dr, Seuss が著者。お義父さんの遺品を整理してたら出て来た本。
大切に取ってくれてたようです。

裏表紙に Take it slowly. This Book is Dangerous! と書かれてる。笑
可愛いですよね。このシリーズは北米の名作。日本で言う「ぐりとぐら」かな
ずっと読み継がれてます。KnoxとFoxがメインキャラクター。

Knox in box.
Fox in socks.

Knox on fox.
in socks in box.

Socks on Knox
and Knox in box.

Fox in socks
on box on Knox.

前置詞の勉強ですか〜 笑 こんな言葉遊びが要所で出てきます。

下の写真はヴァンクーバーの有名な児童書の専門店。
仕事の帰りに毎日通った道 4th.
英語の勉強にと思い時々お店に遊びに行きました。

c0189085_18435097.jpg


その名もそのまま Kids books. そのまんまですわ。
ここにも、このシリーズは全部揃えられて販売されてました。
語呂合わせの言葉遊びってどこの国のお子さんも大好きですよね。
なつかしいな〜 
この本声に出して読んでると舌がもつれちゃうかも。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-29 18:58 | 日常
2009年 07月 28日

書き残して置きましょう

c0189085_17172992.jpg


ここ最近、病院で検査結果を聞いたり。
家族に連絡を取ったりしながら、少しずつ入院の準備をしてました。
病院での検査結果は強度の貧血が判明。それ以外はとっても元気でした。
貧血か〜いつものんきに仕事して暮らしてたので、分んなかった。。
この鈍感さを「頑丈」と呼ぶなら、私ってとても頑丈で丈夫かもです。

手術を受けるにあたり、主人からの依頼で「遺書」を残しておくことにしました。
まあ、私に何か有った後に慣れない日本で、彼がいろいろ困らないように
対処方法を書いて置いて欲しいと。。。お葬式の希望スタイルも含めて。

ほんとにそうだな〜と思いぽそぽそ書く事にしました。

お葬式は神式がいいかな〜 お骨はどうしようかな。
お葬式の後はみんなで食事して欲しいな。なんてね。

そんな風に「生死」を考えるといまを生きてる喜びを感じますね。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-28 15:47 | 日常
2009年 07月 27日

延々と続く「河口湖バスツアー」

新宿には12時、日付が変わる頃に到着しました。
途中「談合坂」で事故があったようでした。
渋滞の上に事故だったので仕方がないですね。

その渋滞部分をすり抜けた後、
バスは怒濤のスピードで飛ばしまくったようです。
実は一緒に行ってたEちゃん、Pちゃんがバス旅行のスペシャリストでして。。。
その二人が「危ないかと思うぐらい飛ばしてた」と言うのでほんとでしょうね。
その頃、私は寝こけてました。だから到着予定時間は一時間短縮。
でも都内から遠く離れた田舎に住む私には家に帰る交通機関はすでになく、
友人達も最終電車を逃がしてしまいました。
身体の不自由な方もバスに乗られてて、かなり遠くから来られてたので
どうも旅行会社がその日滞在するホテルを斡旋したようです。

私はバスの車内で「どうなることやら〜」と思ってました。
そうすると私の携帯メールに主人のPCからFWされた
彼の生徒さん達からのメールが届き始めました。
「あのホテルが素晴らしい!」「このホテルが新宿なら便利だ!」などなど

???なぜ?

私は新宿に泊まった事などなく。
その上彼も新宿を知らない。と言いますか日本の馴染みが薄いわけです。
で、自分が教えてる学生さんに助けを求めたみたい。一斉メールで。。。。
賑やかな車内での「賑やかメール受信」となりました。
パートナーよ。ありがとうね。ちょっくら恥ずかしかったっす。

結局都内の山手線内に住むRちゃんの家に転がり込む事となった私たち。
Rちゃんほんとにありがとう!
新宿でタクシーを拾い彼女の家に向かいました。
都内、山手線内に住んでるとほんとに便利ね。

彼女のお家のリビングに集合し、タオルケットとクッションで
私たちは寝る気満々でしたが、そのまま3時近くまで楽しく話し込んでました。笑
大学生みたいな気分でしょうか。。
で、もう寝よう となった時。Eちゃんがリビングのテーブルの下に横になり
私が彼女の頭側に横になりました。

静かに上を向いて眠ってるEちゃん。
テーブルの板が彼女の身体を奇麗に多い、テーブルなので脇は全部スケルトン。
身体の上を板が覆い四方をテーブルの足が。。。そして周りはおおいがない。

何かに似ている。。。何だろ。。。

あっ「安普請の吸血鬼」だ〜 
発作的にこの言葉が口をつき、お笑いとなりました。

いろいろどうでも良いようなトピックで
へらへら笑いながら朝の8時まで眠り、朝のコーヒーを頂き
そのまま なんとお昼の3時まで話し込んだのでした。。。爆
楽しかった〜 本音で話しが出来ました。

ちなみに、一宿一飯の恩義を頂いたRちゃんのお家。
たいへん奇麗に片付いてました。スッキリしたお宅でした。

なが〜い「怒濤の河口湖バスツアー」終了後、Rちゃんの家から地下鉄の駅に向かってる時
白山神社を発見。お参りさせて頂きちょっとしあわせな気持ちとなりました。

とても楽しかった。
みなさんありがとうございました。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-27 14:43 | 日常
2009年 07月 21日

怒濤の河口湖バスツアー

河口湖のステラシアターで開催されるコンサートへ。。。。
これが怒濤のような小旅行となりました。
19日日曜日の朝、新宿を朝10時にバスに乗車して山梨県の河口湖へ向かいました。

午前中はずっとバスの中で渋滞。。。
ETC高速代金¥1000円が効いてるようです。その上連休の中日。
でもまあ、私たち4人はたらたらお喋りして楽しかったのですが。。。
へへっ 私たちはどんな状態でも楽しいのんきものかもです。

お昼はホテルのバイキングで「惜しい!」「残念で賞差し上げます」
と言いたくなるような味付けのご飯をぱくぱく頂き、
河口湖ステラシアターに向かいました。

イルカさん、イルカさんのサックスフォン奏者であるお父さん、息子さんの冬馬君
江原啓之、伊勢正三、大野真澄(ガロ)、などなどが出演されました。 
暖かい大家族的なフォークコンサートでした。
江原さんは骨折した足をテーピングだけで出演されてて、
周囲にもたいへん気を使われてました。
歌われたのは「命の歌」初めて聞きました。

江原さんはコンサート終了頃には時々よろけられたりして。。。
手に汗握りました。あのテーピングだけでは痛かっただろう思います。

コンサートの途中雨が降り出し、ステラシアターの可動式の屋根を動かしたり
スタッフの方達も大忙しでした。
私達は席に座った状態で西日に当たったり雨に当たったり。。。
くらくらしました。笑

皆さんの歌声にひぐらしの声が重なり、とても気持ちよかった。
野外のコンサートって閉塞感がなくって素晴らしいですね。

それと大野さん、伊勢正三さんなどのフォークの大御所のみなさんは
相変わらずのスレンダーさでお洒落で格好良かった。大人のゆったりした色気。
特に大野真澄さん。長髪の印象しかなかったので、ダンディなので驚いた。

フォークは私が小学生ぐらいの頃によく聞きました。姉の影響で。
本格的に音楽に興味を感じて自分でLPを買い始めたのは
井上陽水辺りからだったと思うな〜

コンサートの最後はステージの裏側で花火が上がりました。
大きなおおきな花火。。。。奇麗でした。

コンサート終了後大急ぎでバスに戻り、
東京に向けて出発したんですがこれが大渋滞。
生まれて初めて高速道路が火龍のようなライトを付けた車で埋るのをみたぁ〜

でも私たちは楽しくお喋りしながらのんきに構えておりました。
バスのガイドさんが「新宿に到着するのは明日の朝、1時頃になりそうです」
と聞くまでは〜 えっ それは困ったぞ。。。。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-21 13:47 | 日常
2009年 07月 18日

参道は産道なのかも

c0189085_21514826.jpg


今日は気分が良かったので、寒川神社に行ってきました。
お祭りの準備がちゃくちゃくと進んでおりました。

お宮参りのご家族が幸せそうだった。
赤ちゃんはお父さんの腕の中で爆睡してました。
あかちゃんって可愛いな。。。

お世話は大変だけどね。

今日の寒川神社は風が吹いて気持ちよかった。
いつも神社の参道を歩いてると、産道をイメージしてしまいます。
歩くたびに新しく生まれる。
だから無言で歩いた方がいい。と教えられるんですね。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-18 21:58 | 日常
2009年 07月 17日

ネジはゆるゆる?

実はわたしは「掃除」が趣味なのです。
それも床をぴかぴかにしとかないと気がすみません。
押し入れなどの整理やお風呂場の掃除などは不得意なのですが
床掃除には超熱心なのです。

体調が悪く、よれよれで高熱があっても
掃除機をイチローのバットの様に握りしめ
毎日修行のように掃除してます。ぞうきんがけも。

しかし、彼が座った周りには毎日異様にゴミが落ちている。
なぜだ。。。と思いつつ毎日念入りに掃除をしておりました。 

でも汚れ具合がちょっと激しいので???彼の様子を見ていたら。
お菓子やゴミ、さまざまなゴミ箱に直行するべきモノを
床にほいほい捨ててる行為を目撃してしまいました。

わたし「ゴミ箱はあなたの横にありますよ」

かれ「あっ そうですね。ゴミ箱がこんなところに」 
ゴミをポイっ!(ちなみにゴミ箱はいつもそこにあります)

わたし「今後もぜひ足の裏の薄皮を剥いで捨てるときも、
    このゴミ箱を活用していただいきたい」
と私が言うと。。。

かれ「生きてるって、素晴らしいね!!」
と間髪入れずに、そうのたまわったのでした。。。

わたしは「生きるのが素晴らしい」のと「ゴミを床に捨てる」のは
どう関係があるのか考え込んでると。

かれ「生きてるって汚いんだよ。だから汚れるんだ〜ねっねっそうでしょ?」
  「それに貴方の趣味は掃除でしょ?どうせあなたが奇麗にしてくれるんだから。
   ぼくがちょっとぐらい捨てても大丈夫」
と無垢な子犬のような仕草で、斜め上目使いで目をぱちぱちさせながら
私の顔を覗き込んだ。。。のでした。


わたし「でえええええええええええ〜〜〜い!!!!」

即座に手に持ってた掃除機を床に投げ捨て
彼の耳を掴み、頬骨を掴みぐりぐり絞り上げてやったわ。ふふっ
思い知ったか〜 

うぎゃ〜〜〜とかれはすぐ降参したのだが。
それ以降も毎日ゴミは床に落ちてますわ。。。
さすがに大きなゴミはゴミ箱に直行するようにはなったけど
たいした変化はありません。人間はそんなに簡単に変化しませんから〜
かれは外では絶対ゴミを捨てたりしないのに、ほんとに不思議だわ。
家の中ではなにか大事な心のネジがゆるゆるになるのかしらん?
[PR]

by norihana333 | 2009-07-17 12:51 | 日常
2009年 07月 16日

集合写真だよ

九州に住んでた時、我が家のポンコツカローラを「かずこちゃん」と命名。
なんだか和風でちょっとお年寄りっぽい車なのです。
坂道をなかなか上がれないし。燃費も悪い。
でも一度も故障した事のない優秀な車です。
どこに行くにもそのふっる〜いカローラで出かけて行ったものだわ。
人間の「かずこさん」どうもすみません。

九州の山の中に行くと、目が覚めるような瀧に出会いました。
突然瀧があったりして。とても新鮮だった。
山の中、坂道でもかずこちゃんは頑張ってくれた。感謝してる。
大分県と熊本の山間部あたりで瀧が多かったような。。。
水が豊富なあたりですね。

だから、岐阜県の白山中居神社の境内を流れる川の瀧に行った時
ほんとに懐かしかった〜 でも水量が圧倒的に白山が多かった。
そして神秘的でした。

その神社の宮司さんが私たちの写真を撮ってくれた。
天狗のような身のこなしの宮司さん。私は大ファンになってしまいました。

友達みんなの了解を得たので掲載いたしま〜す。

c0189085_2341693.jpg


実は今もこのカローラに乗ってます。
もう長距離のお出かけは無理だけど、故障もせずに頑張ってくれてます。
ねぎらってあげたい。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-16 23:52 | 白山
2009年 07月 15日

がんがんがんがんがん どんどんどんどん

c0189085_23285171.jpg


最近 夕焼けが奇麗ですよね。

今日MRIなどなどの検査を受けてきました。
しかしMRIって洞窟みたいだね〜 
あの空間が苦手な人は多いと思う。
私も一瞬嫌だった。あの閉塞感がいやだね。

検査の時、耳に大きなヘッドフォンをしてくれたけど
音はがんがん聞こえてた。頭をトンカチで叩かれるみたいな。。。

でも、検査の途中で眠くなって寝ちゃった。うとうと。。。
有る意味、ゆっくり出来ました。
[PR]

by norihana333 | 2009-07-15 23:36 | 日常