hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

ぴーちくぱーちく、男の子って。。。。

c0189085_16341581.jpg


こんな夕食を東尋坊近くの民宿「なかじま」で頂きました。
漁師さんのご家族が経営してるお宿。温泉も掛け流しでした。
海岸のすぐ近くで、ほんとに素朴な民宿。

c0189085_16354393.jpg


カワハギの刺身を初めて食べました。
瀬戸内海ではカワハギは良く捕れるので、煮付けにしていただく事が多いんです。
私のおとうちゃんの趣味は釣りだったので、よく食べました。
カワハギの肝は別に煮て持って来てくれました。
私は肝関係に弱くって食べれないんだけどカワハギは食べれるな〜
濃厚な味。こってりしてて苦みがあって。。。。美味しい。
沢山は食べれないけど。

鯛の塩焼き。熱々でした。
一緒に旅行した割烹料理人は一口食べて
「魚は塩焼きがいちばん!」と熱く語ってました。
この人に日本料理の料理方法を聞くと、すぐいろいろ教えてくれます。
歩く料理本みたいな人。

c0189085_16413312.jpg


ご飯を食べてお部屋に帰ってだらだらうだうだ話し始めたら
隣のお部屋にこんな風にお布団が敷かれてました。
なんだか。。。。くくくくくっ
男三人こんな形で眠るのね。あははっ

温泉にはいろいろありますよね。
別府市に住んでた6年間でいろいろ入りまくったわ。
炭酸泉、冷泉などなど数えきれないほどの種類が有ります。
ちなみにこの民宿「なかじま」の温泉は塩泉と呼ばせて頂きたい。

湯船に入った時「ここはイスラエルの死海ですか〜」と思った
それぐらい強い塩分を含有してる温泉でした。
肌はつるつるになった。あと数日滞在してたらもっと美人になってたと思う。
というか、そう思いたい。

和室の机の上には日本酒、焼酎、お白湯、冷水、氷と
さまざまなおつまみが並び、見ただけでお腹がいっぱいになりました。
でも、頂きましたが。笑

お風呂から上がって来たMちゃんが机の上に化粧品を並べてました。
これは何なの?これはどう使うの?とお邪魔虫の私は彼女を質問攻めに。。。。
白い小さなリップクリームのようなモノを持ち出したので、それ何?と
お約束の質問をしたら「シミに効くクリーム」だと教えてくれた。

その会話の直後に男性陣が「やっぱり女性は顔も大事だよね」と言い出した。
メンバーの一人が私の娘と同い年だった為(26歳)特に興味があったのさ。

なので「女性を見るとき最初に何処を見る?」
などなどの興味本位インタビューを慣行。

3人揃って「顔!」

「ふ〜ん、やっぱり顔なんだ。胸とかではないのね?」

「そんな、最初から胸しか見なかったら怪しすぎます」
「そりゃそうだね」
「だからやっぱり奇麗な顔の人の方が良いですよね〜」
3人の頭が虎の張り子のように激しく上下に揺れてました。

なんて、男の子っていや〜ね。って会話をしてました。

で、Mちゃんの方を見ると、あのリップクリームサイズの
白い染み抜きクリームを顔中にぐりぐり塗りまくってる所を目撃してしまいました。

「ねえ、それ ちょとっこシミのある所に塗るもんじゃないの?」と聞いたら。

「シミに塗っていいクリームだったら、顔中に広げて塗ってもいいだろうと思って」
「もう何処にシミがあるのか、広がっちゃって分かんないんだから」

うう〜〜〜ん 理論的に破綻している様な論理的な様な。

私は黙って顔中に染み抜きスティクを塗りまくりながら
「男性ってやっぱり即物的ね〜」
とMちゃんが言ってるのを感心して眺めてました。

c0189085_1712485.jpg


そして楽しいおしゃべりの東尋坊の夜は更けて行くのでした。
私は1時ぐらいでノックアウト。でもみんなはまだまだ喋ってたようです。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-30 17:22 | 福井、金沢
2009年 09月 30日

それはウリからできるのね

昨日の事、主人が「大学の先生ってほんとに変な髪型をした人が多いんだ。。。」
と眉間に皺を寄せながら言いました。

んっ???本気で言っているのかな〜
突っ込みごころがふつふつと湧いて来ました。

「どの辺りが変だと思うんでしょうか?」

と聞いたところ。

「ほら、貴方が愛して止まない食べ物。なんでしたっけ?」

「うう~~ん いっぱい有るのでヒントを下さい」

「ほら、お寿司屋さんで頼むあれです!」

「お寿司屋さん。。。。。。何やったっけ。。。。」

「ほら、茶色で細長く甘辛い。。。」

「あっっっっ~~!! かんぴょうでしょうか?」

「それそれ~!!」

一つの答えは出てすっきりしたけど、なんで「かんぴょう」なんですか?
本人曰く、あんな茶色のどろりんとした物体が頭に張り付いてると言うのです。

ちょっと笑ったが、何となく理解出来ました。そういえば ほほっ
しかし、そこで私の心に疑問がまたふつふつと湧いて出たのです。

「髪のべったり長い人が多いんだ」って主人は言ったが
それって貴方の事ではないでしょうか??

c0189085_16435896.jpg


そう、主人はなが~~~い髪がお好みなのです。
女性の髪型ではなく自分の髪です。その上ちょっと脂性。
人の事を心配する前に自分の事を心配しましょうね。

この嘆きを聞きながら、自分の事は一番見えないものなのね
とふふっと笑ったのでした。
あっこの点、自分にも当てはまってますが。。。

「かんぴょう巻き」は私の大好物。おいしいですよね〜
回るすし屋さんでも必ず最後に食べます。
これを食べるとほっとするのでした。
安上がりな幸福感ですね。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-30 15:56 | 日常
2009年 09月 29日

永平寺は回廊のお寺

c0189085_11431458.jpg


ここは「永平寺」曹洞宗大本山の寺院。
開山は道元、本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏である。
總持寺とならんで日本曹洞宗の中心寺院(大本山)。

「ゆく年来る年」でいつも見ていた永平寺。
いつか行きたいと思っていたけれど。やっと今回来れました。

やっぱりここは修行の場でした。
観光客が歩く事が出来る、寺院はほんとに珍しいかもしれませんね。



まず、若い修行中の僧侶がお寺の成り立ちについて
畳のお部屋でお話してくれました。

そして廊下の看板で示される、道順に従って回廊を歩きます。
道の左側を歩くのがお約束でした。写真も自由でしたが
僧侶を撮る事だけは禁止されてました。
僧侶の皆さんは戒律厳しい中で生きられてるのが良くわかりました。
私もずっと昔にこんな風に生きてたと思いました。
皆さん粗食な為か顔色も良くスリムな方が多かった。
中年の方で「ほてい」体系の方もおられたけど、身のこなしは素早かったです。



c0189085_11493095.jpg


磨き上げられた階段に趣があります。

掃除はほんとに行き届いてました。
床を壁を磨く事は心を振り返る事なのでしょうね。

c0189085_11502851.jpg


こんな階段をかなりのご高齢の僧侶の方が杖を片手に、
一歩ずつ上がって行かれてました。

若い僧侶の方が右側を通られると、信じられないほどの深いお辞儀で
礼を尽くされてました。迷いのない作法でした。すごいな〜
ご高齢の僧侶はお付きの方に軽い冗談なんかを交わされながら
いっぽいっぽ階段を登ってました。
ひょうひょうとしてたけど苦しそうだった。

道元の頃から、ここでは歳を取り肉体的に多少不自由に成りながらも
階段を行き来されたりするのが一種の修行になって居るのでしょうね。

なんだか、ちょっと感動しました。
わたしもがんばろう。

どんなに歳をとり、だんだん不自由な身体になったとしても
心に余裕を持って笑顔で生きて行きたいな。


c0189085_11561028.jpg
c0189085_11581254.jpg
c0189085_11584657.jpg
c0189085_11591831.jpg
c0189085_1159473.jpg


寺院はチリ一つ落ちてなかった。
清浄な場所にこそ神宿る。

永平寺でお庭も素晴らしかったですが、印象に残ったのは階段でした。
そして廊下の角。清らかな空気が宿った場所でした。
沢山の僧侶が行き来したであろう廊下。

一枚だけお堂の中を写したら、金色の光に満ちた不思議な写真と成りました。
どうも済みませんでした。と心の中で謝って消去しました。
やっぱり部外者が信仰の対象を写真に撮っては失礼ですよね。

そして、永平寺近くのおそば屋さん「けんぞう」へ

うどんの国で生まれた私には、蕎麦にはあまりなじみがなかったです。
それに、蕎麦ってなんであんな「へんくつ」で「凝り性」で「高くて」
「盛りが少ないのか」分からなかったのね。
凝り性の男性の趣味ってイメージでしょうか。

このお店はメニューは蕎麦しかなかった。天ぷらもなし。
蕎麦で一本勝負。

c0189085_127277.jpg


5人で¥2500円の会わせ盛りを頼んで食べました。
辛し大根のつけ汁と濃いめのだし汁、擦り下ろし大根の入った薄口のだし汁。
ネギと鰹節、そしてそば湯。蕎麦自体以外はおかわり自由でした。
辛し大根の絞り汁は一口食べて発汗し、咳き込むほどの辛さだった。
でも癖になる美味しさです。そば湯もこんなに美味しいのかと驚きました。

まあ、みんなで結構蕎麦の追加をしましたよ〜 ばんばん。
美味しかった。でもお腹に溜まる感じもなくって。
大根の消化作用ばんざ〜い!!

c0189085_12312128.jpg
c0189085_12312413.jpg
c0189085_1231351.jpg
c0189085_12332549.jpg


時間が押してて駆け足の「永平寺」でしたが
印象深い旅となりました。胃袋も満足!
蕎麦を見直したわ!
[PR]

by norihana333 | 2009-09-29 12:34 | 福井、金沢
2009年 09月 29日

星ではなかったのね。しょぼん。

c0189085_23145352.jpg


白山中居神社は森の中。

c0189085_23155136.jpg
c0189085_2316312.jpg


夜11時に新宿を出発。朝の6時30分にバスは福井駅に到着しました。
友達のYさんが駅で待っててくれました。福井駅のぴっかぴかのトイレで
身支度を整え外に出たらYさんが地面を凝視して固まってました。

んんっ?どうしたんだろ。
近づいてよっく見てみると、彼の足下に「うぐいす」がおります。
ほんとに緑色の奇麗な「うぐいす」が身じろぎもせずにYさんの
つま先あたりに佇んでた。ぴょこんと。

「とうとうYさんは仙人の域に達したのか。以前から俗世離れしてると思ったけど」

で、どうしたの?と聞いたら
頭上から突然「うぐいす」が降って来たらしいです。突然。
子供みたいだった。巣のある所はかなりの高さでした。

どうしたものか。二人で佇む福井駅。

駅は朝のラッシュが始まり、雑踏に踏まれそうだったので
交番の前の緑地に運んだけど。
私たちが触ったからもう親鳥は助けにこないかな。。。。
元気になった事を祈ります。

それから、知ってる人には有名な「黄色いいかした車」で
びゅんびゅん「白山中居神社」へ向かいました。
白山に近づくたびに道はどんどん狭くなり、車一台がぎりぎりの山道に突入。
大変ワイルドな道だった〜 
そんな道をなぜだか時々トラックが対向車線から。。。きゃ〜〜〜ああ!!

c0189085_23285228.jpg


途中こんなのに会ったりして。

c0189085_23292292.jpg


この恐竜親子の巨大ロボットは大変リアルに動いてました。
あっけにとられたわ。こんな田舎になぜロボットなのか。。。そこは謎ですわ。
白山は恐竜の化石が沢山出るところだからかな。

神社に着いてから社殿に通してもらい。ご祈祷を待ってました。
「神恩感謝」のご祈祷は数日前に電話でお願いしてました。

正装の禰宜さんが私の前に立ち

「せいざは?」と聞いてこられました

一瞬 んんっ??とも思ったんだけど

「天秤座です」と大きな声で答えました。

その後、あ”あ”あ”〜〜〜〜っ違う!!!と気がついた。
Yさんも小さな声で「そのせいざじゃありませんよ」と言ってくれたけど
もう遅かった。

「正座はできますか?」と聞いてくれたんだ。
人の星座を神社が聞くなんて珍しいと思ったけど、
そんな事はないですよね。涙

もう、その後は私もYさんも大爆笑でした。
真面目な禰宜さんは笑ってはいけないと思ってこらえてたのか
顔が真っ赤に変化してって気の毒だった〜
宮司はきょとんとこちらを見てました。がびょ〜〜ん!
もう「笑いの神様」が光臨しちゃったみたいだった。
奥歯を噛み締めて笑わない様にこらえるのが大変だったわ。

c0189085_23344582.jpg


宮司さんは、以前6月に参拝した全員の名前を覚えてくれてました。驚き!
「他の皆さんは元気そうだったけど、○○さん(私)は顔色が悪かったよ」
「それで覚えてます」と言われてしまった。
私自身はとっても元気なつもりだったので、
分かってないのは私だけだったのね。がちょ〜〜ん。

「年間に沢山の人に会うので、ちょっとそういうところは分かったりするんですよ」
と宮司は仰ってました。相変わらず風の様にさわやかですっきりした方でした。
白山中居神社の宮司は戸隠神社の宮司もかねておられ。その上、
岐阜県神社庁の支部長としてのお仕事もあられるようです。
要職に有るのにあの軽やかな身のこなし。
凄い方です。また感激しました。

そんな、笑いで始まったご祈祷は心明るく受ける事が出来ました。
宮司に「朗らかな心で生きる事が大切」とお話して頂きました。
「直会」で頂いたお酒もほんとに美味しかった。おかわりしたかったです。

その日の夜は金沢で江原啓之さんの講演会に参加しました。
お話はほんとに盛りだくさんで、江原さんの熱意が伝わって来ました。
もう北陸には来れないかも。。。なんて言われてました。

その後、4人で居酒屋「いたる」で食事。気が利いたお店でした。
まあ私たちの事なので、食べましたよ〜日本酒も美味しかった。
やはり日本酒は北陸エリアは美味しいわ。感心しました。

みんなで11時過ぎにホテルに帰って携帯電話をチェック、
携帯の電源にコードを差し込んだら。
携帯がだんだん熱くなりそのままご臨終と成りました。
ほんとに燃え上がるような熱さだった。
困った。でも仕方がないな。

って感じの激しい一日でした。

でも、同行者MさんとIさんは私たちがホテルに帰った後
その時間から「ホルモン焼き」を食べに行ったらしい。
人間離れしている。翌朝聞いて驚いたわ。
こっちの方が激しすぎます。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-29 00:00 | 白山
2009年 09月 24日

どんな旅になるのかな??

夜行バスで今夜、福井県へ出発します。

東京から福井と金沢へ行くには、電車はとても不便である事を発見。
バスの方が北陸道を通ってスムーズに日本海側に行けます。
国内線の飛行機は飛行高度が低いので、あまり乗りたくないし。

ただ〜高速道路ETCの¥1000円サービス
がとっても効果を出してるようでSW中は大混雑してたようです。
今日はどうでしょうね?

今から新宿に向けて出発します。
今回こそカメラを忘れない様にしなきゃ。。。

では、いってきまーす。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-24 19:27 | 日常
2009年 09月 22日

座敷の思い出

c0189085_23414510.jpg


わたしが育った家。お姉ちゃん叔父ちゃんとよく遊んだ座敷。
大お祖父ちゃんはここで亡くなりました。
そしてお葬式も座敷で出したな〜 老衰で亡くなったんだけど、
病院にも入らず、本当に自然に枯れるように逝った感じでした。

あの頃はまだ土葬で円形の棺桶を用意した記憶があります。
お葬式には沢山の方がお見えになり、
家で食事も出したので大行事でした。

そして田舎の家は鍵なんか掛けないのです。
夏に短パンとTシャツで座敷でごろごろ昼寝してたら
近所のおばちゃんが頭の横に立ってた。
「○○ちゃん帰ってきとんな?」と言った。

要するに黙って入って来てたのです。笑
洋服着てて良かった とほっとしたもんです。

c0189085_2346368.jpg


お母さんが大事に飼ってると言うか。。。。
外のお庭で住んでる猫です。大きな猫で最初に見た時、山猫かと思った。
絶対に触らせてくれません。

両親の寂しさを埋めてくれる植物や動物に感謝します。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-22 00:05 | 讃岐よいとこ
2009年 09月 21日

乾燥してた

c0189085_189074.jpg


香川県は日本一降水量の少ないところ。
実家に帰ったら、庭はかりんかりんでした。

砂漠で2泊したぐらいの勢いの乾燥度でしたが
取りあえず樹々はけなげに頑張ってました。
うちは井戸が有るので、そのお水で庭に水やりしてるそうです。

自然はえらいな〜 そう思いながら庭をうろうろしてたら
モグラも地面から顔を出した痕跡が
外門の近くについてました。

私が小さかった頃、このモグラを観察したもんです。
いったい何代前のモグラだったのか。。。。
鼻がヒョロンと長いのが印象に残ってます。


c0189085_1819991.jpg


実家のキッチンから見える風景。
とても気分が良くなります。
今回も畑で母が作ったニンニクを薄切りし
オリーブオイルでじっくり揚げてきました。両親の好物なので。
家中が何とも言えない香りに満たされました〜

東京でキッチンから
こんな風景を見るのはちょっと無理ですよね。
ちなみに写真に写ってる畑のお米を私たちは主食にしてます。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-21 18:20 | 讃岐よいとこ
2009年 09月 21日

みんな男前!

c0189085_1551145.jpg


冷やしうどん。
いなり寿司とちくわの磯辺揚げ、イワシの天ぷら。
携帯の映像ですみません。

お店のテーブルの上には「おろし生姜」と「刻みネギ」
そしてお約束の「味の素」(これは昔からの定番)
と「七味」「ごますり機」が置かれてました。

私と娘はおうどんは小を頼んだけど、
天ぷらでお腹がいっぱいになりました。

近くで座ってた若い女の子達は大きな声で「ぶっかけだいちょうだい!」
と厨房に声をかけ。天ぷらとちらし寿司を軽く完食してました。

男前やね〜 

隣のカップルは席に着いたとたんに「ぶっかけうどん」を食べ始め
かなりの量をがしがしつるつるごっくんと食べてた。
気づいたら席を立って消えてました。気配も余韻もゼロでした。

ハードボイルドやわ〜

ほんとに香川のうどん文化は面白いわ。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-21 16:04 | 讃岐よいとこ
2009年 09月 16日

明日から。。。

ぷらっとこだまで子供と
京都、神戸、そして香川へ〜

「勝手に快気祝いの旅」をしてまいります。
昔住んでた芦屋のアパートも見たいし
お好み焼きも食べたいわ。錦市場で買い物もしたい。

あっ欲望はほとんど食べ物関連でした。
食いしん坊ばんざ〜い!!

写真を撮ってきますね〜
[PR]

by norihana333 | 2009-09-16 19:40 | 日常
2009年 09月 14日

禿げてる〜 ええええっっっ〜!!

家の近くの神社。御祭神は「すさのおさま」です。
ちいさなお山の上にちょこんと鎮座してて、
その山は遠くから見てるとブロッコリーの株みたいな樹がいっぱい立ってて
その山を遠くから見るだけで、帰って来たな〜と思えたりして。
好きなのです。理屈ではなく。だから私は良く参拝してます。

数ヶ月前に、特別擁護老人ホームを建設します。
とチラシが入ってました。

私が住むあたりは住民の高齢化が進んでます。
だから良き事だな。とホームの建設は歓迎してました。

だが。。。。この神社の山の樹をほとんど半分切り倒すとは。。。。
切り倒された山の斜面を見たとき。泣けて来たわ。
今後は山肌を削りホームが建設されるようです。

森のない神社は寂しい。

ほんとに神様が私たちの為に、自分の身体を削ったと思いました。
写真も撮りたくないほどの無惨な山肌です。主人と悲しんでました。
老人ホームが必要な方はたくさんおられるし、建設は素晴らしい事なのでしょうが。

でもでも、おこがましいけどさ自分が神社の樹に成った様な気になって、
これからもどんどん参拝します。禿げ山の神社になっても。。。。。

参拝する人の感謝の気持ちで、見えない森を再生出来ないかな〜
私は見えない樹になりたいです。
その長く鎮座する「八雲神社」に感謝の言葉を捧げます。
[PR]

by norihana333 | 2009-09-14 16:54 | 日常