hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

梟は闇の川茂の消えて行きました。

今日は久しぶりのアルバイトの日
ひさしぶりのみんなの顔を見て、一生懸命楽しく働いて来ました。

私に声を掛けてくれる。そして仕事があるってほんとうにありがたいことだね。
駅からの帰りにそんなはなしをしながら帰って来ました。
車を駐車場に停めたら。

「Look!!!」

と彼の鋭いけど小さな声が車の中にこだました。
何なに?いったいなに?と思って車のライトに浮かび上がった
川の横に立つ樹の枝を見たら。

そこにフクロウが居りました。

ほんとにフクロウだった。。。
首がフクロウのように動いてた。。。。凄い!
目の前でした。おおきい!

ここは一応東京。はしっこだけど。
まさかと思ったけど、ほんとに大型の梟でした。

その動物は獲物を探していたようで
少し経ってからその樹から飛び立ち川の暗闇に消えて行きました。
くらい川の岸に向けて翼を広げて飛んで行きました。

そしてこのアパートで過ごした数年を考えた。

このアパートではいろんな事がありました。
楽しいばかりではなかったけど。ここが大好きだった。
雨からも風からも守ってもらった。楽しい事もいっぱいありました。

たくさんのありがとうとその空間に刻ませてもらいました。

でも、美しい鳥だった。そして大きかった。
フクロウってなんだか特別の鳥ですね、

今から寝ます〜 おやすみなさい。
梟の夢を見たいな それほど感激しました。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-30 23:53 | 日常
2009年 10月 27日

未来は今から作るんだと思った一日

c0189085_1930289.jpg


今日はほんとうに空が奇麗でした。
風も強かったけど、あまり寒さを感じなかった。
昼からすこし散歩しました。

川には若い4匹の鴨がいて、なかよく過ごしてた
このあたりは東京と神奈川の境目で、その川が両県の境なのです
でも鴨にそんなの関係ないですよね

携帯で写真を撮ったら、ピンクっぽくなりました。
近くにリサイクルショップがあって、そこのオーナー
親父さんが超明るい変人なので、時々その変人ぶりを見たくなって
出かけて行きます。今日は新品の土鍋を手に入れました。¥500円なり。

まぶしく、携帯のカメラの画質はいまいちなのだが
それでも懲りずに雲を撮る。
美しい空でした。

c0189085_19341280.jpg


晩ご飯は「シーザーサラダ」と「ラザニア」
なにも起こらない特別な事はいっさいない一日でしたが
とてもいろいろ考える日でした。
c0189085_21163592.jpg

[PR]

by norihana333 | 2009-10-27 19:39 | 日常
2009年 10月 25日

あぁつかれたわ。。。

朝、主人が突然「今日は東京でうきうきしたい!」と言い出してご飯も
そこそこに東京へGo〜!!紀伊国屋さんやジュンク堂で立ち読みして
2年前にイタリアから来ていた研究生の方が教えてくれたイタリア料理店
で昼食を食べました。写真を撮ろうと思っていたのに楽しく食べきっちゃった。
残念だわ。また今度写真撮りにこようっと、今度ここで友達誘って昼食食べに
来たいな〜などと思いながら満腹満腹!!美味しかったですわ。
ピザもなかなか美味しかった。でも薄いパン生地でした。
私個人の趣味は厚い生地が好きです!
食後に突然「今から僕が行きたいところは君は行きたくないだろうから、ここで
解散いたしましょう」と言われた。そんなもんですかい?
と思ったが彼の行きたいところはへんちくりんなお店が多いので、放牧傾向で
各自バラバラ行動となりました。私は調布で友人とお茶してその後家にカエル。
彼は秋葉原から上野を旅して来たようです。あぁ一緒に行かなくって良かったわ。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-25 21:36 | 日常
2009年 10月 24日

赤羽でのちゃんちゃん語

関西圏(大阪、神戸)で住んでたのは17年ほど。。。
いっぱい思い出があります。
わたしの気持ちの真の部分は関西人バリバリです!
宣言する事もないのだが。。。

でも関西人の私もホルモン焼きは「ミノ」しか食べた事なかった。
それも牛ですね。東京では豚ホルモンも食べるので驚いたわ。
ホルモンは私の家族が食べなかったから、縁があまりなかった。

大阪、鶴橋には焼き肉やさんが多いんだけど
その頃から有名だった「鶴一」に時々行きました。会社の同僚と。

その頃はお店の前に行列が並んでた。
競合する焼き肉屋さんも少なかったからかな。
この前大阪に行った時は、お店の前で行列を見なかったな〜

十数年前のその日は子供達と同僚で「焼き肉の日」

鶴一の前には長い行列がすでに出来てました。サラリーマンが多かった。
入店の時間になると行列に並んでいた人たちが
一斉に黒いゴミ袋を鞄から引っ張りだし背広の上着を詰め始めました。

「んん??」と思ったけど、
焼き肉初心者の私と同僚は皆の動作を眺めてただけ。

で、お店に入ったら納得した。

今はもう無煙ロースターに成ってるかもしれないけど
その頃は煙でもくもくだったわ。

あのゴミ袋は帰りの電車の中で
燻された自分で皆さんに迷惑をかけないエチケットだったみたいです。
それにあれだけ洋服を燻されると、背広だったら絶対に即クリーニングですね。

席に着いたら、細めのおばちゃんが両手にミトンで真っ赤な七輪を片手に
吹っ飛んできました。これはほんとに飛んでる様な素早さでした。
あつあつの七輪をテーブルに安置して、おばちゃんは何気なく去って行ったのでした
凄い!焼き肉の味は覚えていないのだが(失礼!)
このおばちゃんの人間離れした素早さを覚えてます。

数日前に大切な友人と「ホルモンばりばりの会」の予定だったの。。。。
私が行きたいと思っていた「埼玉屋」東十条のホルモン屋さんは改装中だった。
せっかく東京で豚ホルモンを食べるなら名店で、と思ったけど
私の不注意で当日に店舗が改装されてると気づいてのです。

当日参加頂きました。友人2名様!ごめんなさい。
まさか改装してると思わなかった〜 

今度「ホルモンちくしょうリベンジの会」で再会いたしましょう。

なんて言いながら赤羽の韓国料理&焼き肉屋さんで食べたんだけど
生まれて初めてのしっかり食べた「ホルモン焼き」

美味しかったです。

注文するときの「コブちゃん」「てっちゃん」などの
ちゃんちゃん語も興味深かった〜 
[PR]

by norihana333 | 2009-10-24 17:50 | 日常
2009年 10月 23日

ヴァイオリンの形

Nちゃんのお父さんはユダヤ系カナダ人
お母さんは日本人で東京で生まれた。
その頃お父さんがカナダ大使館で働いていたから
思春期頃まで東京に居たようです。

彼女とご兄弟は小さかった頃からヴァイオリンを習っていました。
私たちが会ったときは、もうソリストになれるくらいの実力でした。

出会ったのはヴァンクーヴァーで、彼女はティーンだった。
「どうして私だけまっすぐ家に帰ってヴァイオリンを習わないといけないの?」
という根源的な思春期特有の悩みに彼女が悶々としていた頃だったと思う。
お母さんがやっぱりその頃は大変そうだった。

Nちゃんはは奇麗な女の子でした。
すっと空に伸びた杉の木みたいだったわ

18歳ぐらいになった時、音楽を学ぶ若い学生さんだけを対象にした
アメリカで開催された夏のキャンプに参加してから違う人間になったか 
と思うぐらいに意欲的に学び始めたすごい努力と集中力でした。
そこで世界中から集まったヴァイオリンを学ぶお子さんや
有名な演奏家と接触して、眼が開いたようです。。。。

そして、高校卒業後
NYのジュリアード音楽院に奨学生として学べる事になりました。

それを聞いた私たちもとても喜びました。
ご両親の喜びは計り知れなかったと思います。
その大学の学費はめまいがするほど高額だったから
奨学金を貰えて良かった〜

彼女は大学に入ってからアメリカの音楽系財団から
ストラディヴァリウスを無償で借りる事ができました。
アメリカは懐が深いよね。。。

そのヴァイオリンで演奏していたようです。

家族で旅行するときは銀行の貸金庫に
そのストラディヴァリウスを入れて盗難に備えてた。

その彼女も先日NYで結婚したそうです。

素敵な市役所で行った宣誓式の写真を送ってきてくれました。

彼女はほんとに奇麗になりました。地味な結婚式の写真だったけど
ほんとうに喜びが写真から伝わって来て幸せな気持ちとなりました。
パートナーも音楽家だそうです。
彼女は大人に成ってたわ。

そりゃあそうだよね〜私たちが歳をとるはずです。

ほんとに、おめでとうございます!
さっきメリルストリープの「Music of my heart」を見てて
彼女の家族を思い出しました。
昔のNちゃんは映画の中で無心にヴァイオリンを弾いている子供だったろうし、
情熱的な教師であるメリルはお母さんだったと思う。
ご両親の献身がなければ成し遂げられなかった事だったと思う。

ほんとにユダヤ系の方達は子供の教育に情熱を注ぎます。
感心するほどでしたし、それが生きて行く上での大切な「サバイバル方法」
なのかもしれないですね。でもね〜Nちゃんのヴァイオリンは本当に見事だったの

今もストラディヴァリウスで演奏してるのかな〜
数年したら返却するなんて言ってたけど。。。。

Nちゃんの幸せそうな写真を眺めてると、
簡単なサマードレス姿のNちゃんが
ストラディヴァリウスのヴァオイリンみたいに見えて来ました。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-23 21:28 | Canada
2009年 10月 19日

流れて行く事

今まで18歳の時に大学に行く為に家をでてから
12回引っ越ししました。
ほんとうに流転傾向にある人間です。

いろいろ流れて行くのが好きだったところもあるかな。。。
一所に居るのがあまり好きではなかったし、
溜まった水はよどんでくるなんて傲慢な事も考えてたし。

今度また引っ越しする事となりました。13回目の引っ越し。
カナダから日本に帰って来た時に思いっきり荷物を縮小したので、
荷物はあんまりないですね〜けっこう身軽。

でもまた、忙しくなりそうです。
力を貯めてその時を待ちます。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-19 23:43 | 日常
2009年 10月 18日

神社のご神体は。鏡。

c0189085_20154238.jpg


一昨日アパートのメールボックスに白い小包が入ってた。
差出人は先日参拝した、白山中居神社の宮司さんでした。
心のこもった手紙と本が入ってました。

村上和雄著作「アホは神の望み」

この本に書かれている事を宮司さんは何度か
話してくれました。断片的に。それは人間の遺伝子のお話。
脈々と受け継がれる人間の生命のお話でした。

その手紙の中に、この本をご覧になって善き人生の参考にして
頂きたいと思いますと書かれてました。

ありがとう御座位ます。

大切に読みます。宝物にします。
宮司からの手紙を読み、慌ててカレーを作り始めたんだけど
タマネギを切ってたら涙がにじんで来た。

私は幸せです。私はもう全てを持ってるんだな。
そう思うと幸福感で胸がいっぱいになりました。

9月の参拝から帰って来てから、やはりお神酒を白山中居神社に奉納しました。
あのご祈祷の最後の「直会」で頂いたお神酒があまりにも美味しかったので。
その返礼なのかもしれません。でも嬉しい出来事でした。
あの素晴らしい「直会」のお酒を今後参拝される皆さんに味わってもらいたい。
素朴にそう思います。。。

そして、今日の昼前に宅急便が届きました。
「なんだろう〜」と思ってドアを開けると
日本酒の箱を持った配達の方が立ってました。

私の快気祝い。友人達が贈ってくれた日本酒でした。

その日本酒は6月の参拝後に白山中居神社に
私たちが一緒に買って送ったお酒「水神」でした。

ちょっと感慨深かったです。

自分が行った行動は明らかな形と成って
自分に帰って来るようです。

まるで鏡のように。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-18 20:30 | 日常
2009年 10月 17日

箱根の山道を走れるね。。。

箱根駅伝を走りたいと思ってる子達は寮に住んでます。
他のいろんな運動部の人達と一緒に。

朝早くから走りこんでるようで、私が大学生協でアルバイトしてた時
開店直後に来てよくドーナッツやシュークリームなど高カロリー
の甘いものを買って授業前に食べてました。

でも体脂肪は5%前後の体つきをしてた
そしてとても静かな感じのお子さんが多かった。
「永平寺」の禅僧にすぐでも弟子入り出来そうな
求道者的なムードの子たち。日焼けしてて。
大学の頃は少し羽目を外すお子さんもおおいんだけど
「走る子達」はとても地味です。でも闘志のかたまり。

去年は箱根駅伝に出場出来ませんでした。
エースの方が不調だったためもあったようですが、
6秒差で箱根へのチケットを失いました。

今日は第86回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会。
シード権を持った8校もう出場決定です。

で、シード外の各大学の走者10人はタイムを競って
11校ある出場権を争いました。
箱根ではお正月に20校が競い合います。

手に汗握ってテレビを見てたんだけど
今年はぎりぎりで箱根を走れる事になりました。
選手みんな泣いてた。
でも今年はうれし泣き。良かった。

東京に主人の仕事が決まった時、私たちは抱き合って喜びました。
そして喜びながら「これで箱根駅伝の当事者として応援出来る」
などと思ってました。笑 
主人は箱根駅伝に思い入れがないから
「ふ〜〜〜ん そうなんだ。。。。」ぐらいの温度です。

このお正月、またオレンジ色のユニフォームが山道を駆けるのを
見る事ができます。とてもとても嬉しい出来事でした。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-17 19:35 | 日常
2009年 10月 16日

闇夜で良い香り

夜に散歩してます。けっこうな距離かも。。。
彼はPCに向かう時間が長く、どうしても運動不足になるため。
私は健康のために歩いてます。

この辺りは東京とは信じられないほどの田舎で
少し道路から離れると闇夜となります。ほんとにまっくら。

その散歩の道すがら、
暗闇からすっごく懐かしい良いにおいが漂って来ました。
んっ??こここここっっこれは。。。。ローズマリーでは!

ラム肉やサーモンをグリルしたり、チキンの胸肉をバルサミコ酢と
オリーブオイルでマリネする時に必ずぱらっと散らす魔法の草。

この匂いは何処からくるんだろうと
闇夜の中を二人でくんくんしてたら。
(こう書いてるとやっぱり異常な二人だわ 苦笑)

大きなローズマリーの茂みがありました。
でもその樹はどなたかの庭の中。。。。

1)この枝を挿し木したら増えるかな
2)お昼にお家の人に頂ける様に頼もうかな
3)黙って少し頂くかな。。。むむっ
黙って頂くなんてそんな事、自分の良心が許しません〜

毎回こんな流れの話しをしてました。

4)「ローズマリーがいい匂いだね〜いつか家に欲しいね」

と結論をのべ、とことこ散歩は続き
会話自体が存在した事を私たちは忘れるのでした。
まるで「ぼ○老人」のような会話がえんえんと毎日続いてたのでした。

昨日はこのような「伝統芸能のような会話」を交わした後
ちょっと遠くまで足を伸ばす事にしました。チャレンジ!

今日起こった事を話し合いながら、夜道を歩いていたら
とっても良い馥郁とした香りが漂ってくるではないですか。。。。

そこに誰の敷地にも属さない
「ローズマリー」の樹がありました。

きゃ〜〜〜うれしいっ〜〜〜〜!!!
頂っきま〜す。ありがとうございます!
と呟いて3本頂きました。

夜道で出会ったローズマリー。
ほんとにありがとうございます。
大切に挿し木します。

そのローズマリーの樹は
ご褒美みたいに暗闇から現れました。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-16 18:55 | 日常
2009年 10月 12日

がんばろ。。。

忙しかった一日も終わります。

避けてた問題が吹き出し、夜にうなされるぐらい
自分の良心が苦しみ始めたので
頑張る事にした。。。。

健康になったんだし働けば何とかなる。
努力しか光を見いだすモノはない!!

c0189085_2332541.jpg


ここは第二の故郷ヴァンクーヴァー。この日は寒かった。
こんな暗い道でも、くねった寒い道でも、海風に煽られても
モノともせずにがんばるぜ〜〜

たった一回の人生なのだから。。。
[PR]

by norihana333 | 2009-10-12 23:34 | 日常