hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 23日

氏神さまで見つけた黄色。

c0189085_2042819.jpg


足下を見たら。。。。春でした。香川のお母さんが一番好きな花。寒い被災地で肩を寄せ合いながら、がんばるみなさんに黄色の暖かいエネルギーが届きますように。現実的には今はガソリン、灯油です。被災地で救援活動を行ったNZの友人は「とにかく寒く夜眠れなかった」と言ってました。
ここ最近、地震と放射能に超がつくほど神経質になって家族を守りたいと苦悶していた主人を励まし話しを聞きながら気を楽に持ってもらう為に極力笑かし、娘の今勤める会社のパワハラの話しを聞き心を配り退社時には力になるとそれなりの大人としての助言を行い、掃除し洗濯し、被災者のみなさんの事を考えて涙し、根昆布で出汁を取ったみそ汁を作り家族の健康に心を砕る。引き取った猫は噛み癖があり、一番世話をしている私の手や足をがぶがぶ噛むし蹴りを入れる不心得者なので、これまたこの〜っと思いながらも可愛がったりするめまぐるしい日々ざんす。なのでテレビでどんな事を言っていても基本的にはあんまり気にならない。東京でがんばる。どこに行っても同じ。でもこんな私たちの事を心配してくれる家族がいてとても幸せです。食事を日本食の基本に戻しました。素朴に昆布と豆を食しながら外出するときは被爆しないように心を砕き、しゅくしゅくと生きて行きますわ。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-23 20:48 | 日常
2011年 03月 21日

発酵しないパン。

お手頃な値段の象印製のパン焼き機を地震の二日前に購入してました。来月小麦アレルギーの主人の妹が来日する予定だった為、米粉でパンを焼こうと思ったのだ。今回の旅はキャンセル。仕方がありませんね。来年会いましょう。国内産の小麦でパンを焼こうとしたが。手順を正確に踏んでも膨らまない。
やはりこの機種では外国産の小麦じゃないと発酵もしないのね。噂では聞いていたが、ぺっちゃんこのパンが出来上がりました。パンの出来上がりを見た時はしょぼんとしてしまったが。仕方がないのでサンドイッチにしてみると。。。。ハムとアボガド。あれ?なんだか食べ慣れた食感???。しっとりもっちり。
c0189085_15371172.jpg


発酵しないパンはまるでベーグルのようでけっこう美味しかったのです。笑
これで家で普通にパンが焼けます。膨らまないけど。国産の小麦と米粉しか家にないのもまた意味があるのでしょう。数日内に米粉のパンも焼いてみます。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-21 15:39 | 日常
2011年 03月 21日

つらつらと思う事。

たくさんの国からの救助隊の皆さんに、まず感謝の言葉を述べたいです。この困難な状況の中で援助の手を差し伸べて頂けた事をわすれません。ありがとうございます。私たちの友人も某国からの援助隊に急遽加わり津波の被害地で活動してました。大変だったであろうと思います。日本語が飛び抜けて堪能であるため自分の最大限の出来る事をしようと決心しての来日だったと思います。公私ともに縁の深い日本の人たちを助けたかったんだと思います。今回の地震と福島第一原発の放射能漏れが契機となり沢山の外国人が帰国しました。これらの帰国を称して「外国人が逃げてる」と言われててました。このような発言を読んで「またか〜」とも思いましたが一言。仕事で来日している場合は会社の指示が「家族は帰国」であれば従わざるを得ません。もし外国で同じ様な事が起これば日本人も同じ様な経緯で帰国となるでしょう。帰る所があってまだそこがここより安全だと思えるのであれば家族を送りたいと思うのは人間の正直な思いでしょう。みんなショックな事があれば自分の国に帰りたいですよ。心情として。今も海外で日本の状況を心配する邦人の方々も、心の底から一時帰国したり皆の力になりたいと思っているでしょう。自分がもし海外にいてもそう思ったと思います。その辛さを私は少し理解出来ると思ってます。

外国人世帯の中でいろんな可能性を考えた上で「今は日本のこの自宅で頑張る」と決めた人もしってます。これは家族構成や状況によりますので容易には「これが一番の決断」とはいえません。まだ今はここで頑張ると思っているという方が正確かもしれません。状況が変わればどこで生きるかと言う決断も変わるでしょう。


c0189085_140462.jpg

[PR]

by norihana333 | 2011-03-21 14:03 | 日常
2011年 03月 18日

ここでがんばろう。

地震から主人が不安感でいっぱいになってしまった。神経質なのです。特に地震に。阪神大震災を芦屋で経験してるので仕方がないですよね。私も怖いですもん。ましてや初めて経験した地震が阪神大震災だったから。今回の東北大地震と福島原発の放射能漏れを見ていて、今後仕事が始まるまでの約一ヶ月をどう過ごしたら良いのかをもんもんとしていました。彼なりに家族を守りたかったのです。

ただ悩み過ぎて、あまりにも論点がぐるぐる回るので今後の可能性をリストにして比較検討してみました。例えば1:自宅に残る 2:私の実家に行く 3:カナダに一時帰国する 4:関西に避難する。。。などなど。それらの選択肢の「良い面」「悪い面」を思いつくまま書き連れねてから話し合いました。その結果自宅に居るのがベストとの結論に至りました。ほっとしました。
自宅に居る事の「良い面」が飛び抜けて多かった。明確になり彼も納得してくれました。

外国人は納得しないとテコでも動きません。喧嘩をしても意味がないので議論を重ねて納得してもらいました。私も腹が据わった。選択肢が多いと人は贅沢に迷いがちになりますね。家族が健康で生きていてくれているし暖かい屋根のついた家があるのですから、それ以上願う事はありません。
阪神大震災で私たちは仕事を辞めてカナダにわたったのですが、ずっと心の底のそこに「一番大変な時にそこを離れて頑張れなかった自分への後悔」が潜んでいたのです。これは95年からずっと後ろめたさとして胸に潜んでました。地震でその地を離れた事を誰も責めないし、私たちにとってのその時の最善の判断だったと思うけど、自分の良心が納得してなかった。これは主人も同じ気持ちでした。
いろいろ考える事の多い一週間でした。心配したり泣けてきたり、安心したり不安になったりしたけれどこれで腹が据わりました。もう悩まないし宮沢賢治が描くところの「でくのぼー」として生きて行きたい。

  〔雨ニモマケズ〕

   

   雨ニモマケズ

   風ニモマケズ

   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

   丈夫ナカラダヲモチ

   慾ハナク

   決シテ瞋ラズ

   イツモシヅカニワラッテヰル

   一日ニ玄米四合ト

   味噌ト少シノ野菜ヲタベ

   アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ

   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

   東ニ病気ノコドモアレバ

   行ッテ看病シテヤリ

   西ニツカレタ母アレバ

   行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

   南ニ死ニサウナ人アレバ

   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

   北ニケンクヮヤソショウガアレバ

   ツマラナイカラヤメロトイヒ

   ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ

   ミンナニデクノボートヨバレ

   ホメラレモセズ

   クニモサレズ

   サウイフモノニ

   ワタシハナリタイ

 

ドイツ人の友人はチェルノブイリ原発事故の痛い経験から、福島原発の事を真剣に心配しておりました。「ドイツへの帰国も視野に入れているけれど、貴方はどうするつもりですか?」と聞かれたので「私はここに残るつもり。どこに行ってもリスクは結局は同じなのでここで頑張るつもり」口に出したらすっきりした。そう、自分の帝国でがんばろう。この再度頑張れるチャンスを生きて迎える事が出来てほんとうにありがたい。「デクノボー」になるのは心底難しいかもしれないけれど、それほど難しい事でもないのかもしれない。

c0189085_18192147.jpg


海がたくさんの人を連れて行ったしまいました。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-18 18:30 | 日常
2011年 03月 17日

Don't want an ending



Samuel Tsui (born May 2, 1989[2]) is a Chinese American musician and Internet celebrity who rose to fame on YouTube. He is best known for covering and performing songs by popular artists, as well as original medleys and mashups. Tsui is currently an undergraduate at Yale University.

イェール大学の学生さん。The Duke's Men of Yale's で歌っているようです。中国系アメリカ人。youtubeで有名になったのだが。。。。あまりの歌の巧さに驚きます。絶対音感を絶対持ってる?笑
とても素人っぽい出演者ですが大学生がこんなビデオを作れるような時代になったんだな〜。ちょっと感慨深いです。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-17 22:45 | 歌は良いなあ
2011年 03月 17日

警戒

東京都日野市。アマチュアの方が自宅の二階を自分で改装し測定。順次公開している放射能線量です。
HPには去年の測定量との比較もあります。
c0189085_8325899.gif


http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html
石川宏氏 ナチュラル研究所計測データより
[PR]

by norihana333 | 2011-03-17 08:37 | 日常
2011年 03月 13日

猫の直感でしょうか。

早朝から猫が落ち着きをなくし家中をうろついております。ちょっと異常なうろつきかた。
地面からモヤが上がって来てめまいがするような。地震注意ですね。
c0189085_9593150.jpg


さっき地震があった時、猫が地面からジャンプした。
あのでっかい猫が。。。ソファの背もたれより高いジャンプでした。驚愕
[PR]

by norihana333 | 2011-03-13 10:00 | 日常
2011年 03月 12日

地面がうねる。

c0189085_1742386.jpg


早朝の外宮。この日は雨でした。
c0189085_175566.jpg


昼頃にやっと都心から帰宅出来ました。帰ってこれてほっとしました。帰宅して家を掃除しお風呂に入れて普通の生活が出来て私は幸せです。仕事先で泊まらせて頂きました。同僚達と同じ部屋で心強かったし食料の差し入れも頂き小さな小型テレビで報道を見て胸がいっぱいになりました。
主人は息子とふたりで自宅に居てくれたのですが、食事もそこそこに水をタンクに貯めたり食料の買い出しなどを懸命に行ってくれてました。ありがたいです。

阪神大震災の時、芦屋山手の揺れは縦に突き上げるようでしたが赤坂の街は地面がうねるような揺れでした。大きくうねって長い揺れ。水面に立っているようでした。高層ビルはゆっくりと左右に揺れ、鳥達が群れで飛び立ちました。黒い雲が空を覆いビルや電柱ががんがん音を発ててました。一瞬世界が灰色になった。地震とは恐ろしい。おそろしいです。頭痛とまだ船酔いしたようで視界が時々揺れます。家族が無事で自宅で私を待っていてくれ安心しました。生きていてくれればもうそれで十分。猫はショックで食事を床に吐いていたようです。息子が林太郎を探しても何処にも見当たらず声を掛けながら探していたら。小さなミャオとの声が。。。汚れ物の入った洗濯機の中に隠れていたようです。??かなり怖かったのか。
名古屋に出張していた子供も我が家に帰ってこれました。自宅もかなり揺れたはずなのですが、台所で軽量のプラスチックカバーだけが食器棚から落下し、クローゼットの麦わら帽子などの軽いものだけが床に落ちてたそうです。神棚の両方の椿の葉も茶色く変色してはらはら落ちた。私も被災し小学校に避難しました。その時沢山の皆さんに助けて頂きました。その時はほんとにありがとうございました。自衛隊の機動力は凄いものでした。一刻も早く必要な助けが被災地のみなさまに届きますように。そして、亡くなられた皆さまのご冥福をお祈り申し上げます。

福島第一原子力発電所で第1号機に爆発があったよう。建物の外壁が消えている。
これは。。。大変な事態になってきました。どうなっているのか。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-12 17:09 | 日常
2011年 03月 08日

地震のそなえ

c0189085_10173623.jpg


「地震への備え」は固い地盤の地域に住む事。実はこれに尽きるなと思います。地盤の緩い地域はやはり被害が大きくなります。古い建築物は要注意。地盤が緩い地域に住んでいても最近の耐震設計建築物は素晴らしいです。特に日本は。今も阪神大震災のM7の揺れを思い出すと怖いですが。ある意味非常袋を用意しても家が崩れれば取り出しようもない訳です。固い地盤の家に住んでいても出かけていればまた違う被害に会いますから。なるようにしかなりません。ある意味達観した気持ちになっております。でも、地震の事は心の引き出しに入っていていつも意識してます。

高性能の懐中電灯を数個家の各所に置いている。料理用のカセットボンベの予備を保管している。有る程度の現金を手元に置いておく。いざと言う時に窓ガラスを割れるバットなり金槌の保管場所を確認する事。数日間の水の確保を考える。などなどは意識して行っているのですが。。。でもこれらも家が全壊すれば意味をなさない事です。人間は無力ですが出来うる事はしていた方が良いですよね。

一番大切だと思うのは、地震の事を常に意識する事だと思います。

地面はいつか揺れます。日本に住む限りは地震は避けて通れません。
揺れたその時に生きてさえいれば対処できると思います。そして震災の地点から30キロばかり離れれば普通の生活があります。いざとなればその土地から離れればお金も食事も水もありますから。
なので、なるべく車のガソリンは満タンにするようにしてます。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-08 10:23 | 日常
2011年 03月 07日

北米の人間にとってのインスタントラーメン

みたいな存在だそうです。箱に入ったマカロニ&チーズ。
カナダ人のソウルフードと言っても良いのでは。。。。

このような、いわゆるジャンクフードを時々食べたくなるのだ。昼食に。
このマカロニ&チーズのマカロニはホールウィートでしたが、味が。。。。残念。

うう〜ん、残念だわ。やっぱり自分たちで作った方が美味しいね
と主人ともぐもぐしてました。
c0189085_2321288.jpg

[PR]

by norihana333 | 2011-03-07 23:01 | 日常