hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

お豆腐ざんまい。

土曜日は英語の塾。2時間30分の授業で苦手な経済の新聞記事がどどんと課題に出て苦闘する。1分で読み上げたい所だけど。苦手意識が先立つと気持ちもおろおろしてしまい冷や汗が出るよ〜。その設問4問中2問間違える。は〜〜〜っ。。。。。落ち着いて読んだら読めるはずなのにがっくり。肩を落とすが文脈読めてないんだからそりゃあ間違えますよね。ただ経済で使う英単語。解らず困りました。

今日は朝からこちらにおじゃまする。

一丁庵 あきる野本店
[アイスクリーム]
〒197-0831 東京都あきる野市下代継25-3(地図
ぐるなびで 一丁庵 あきる野本店 の詳細情報を見る
※2013年6月30日現在の情報です
ぐるなびぐるなびあきる野のお店情報もチェック!


以前から気になっていたお店。「一丁庵」お豆腐屋さんなんだけど沢山の方達がアイスクリームを食べてました。アイス??お店の入り口に地元の野菜を売っていた。新鮮そのもののとうもろこしが美味しそう。キュウリも美味しそう。地元の卵も売ってたのでカゴに投入。お豆腐はいろいろ試食させて頂きました。ありがとうございました。それで「山芋豆腐」と「湯葉巻き」を買ってみる。今日頂きます。土日は店頭に「おから無料サービス」が。大きなお玉ですくったおからを3倍程頂いて帰ってきました。なのでひっさしぶりに「卯の花」を作ってみるのだ。
c0189085_1818575.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-06-30 18:21 | 日常
2013年 06月 29日

また山に行きたい。

埼玉県秩父の三峯神社の奥の院に上がる山道の近くでブーンと大きな音。大きなハチが耳の横で飛んでたかと、びっくりして回りを見回す程の音でした。何も居なかったけど。別に何も見えないのであれって感じなんですが。体験的に自然の精霊がおられるような神社には同じ事が起こります。不思議なんだけど必ずといっていいほど。秩父神社や奈良の大神神社、白山中居神社でも同じ現象が起こりました。緑深い地域で深く信仰されてる神社で起こる現象みたい。三峯神社のその道は緑のトンネルのような道でした。誰もいない気持ちの良い平日の午後でした。本殿に入るり驚いたのが、本殿のご神木に「ぜひ触って下さい」と看板が下げられ触る人の為の足場まで組まれてました。人の手で木肌は赤茶けて変色してました。胸が痛む。目を背けて心底「ごめんなさい」と心のなかで謝りました。私たちはこの100年ほど自然にはとことん酷い事をしてきています。山を削り樹を切り食い尽くすように恩恵を頂いていた訳で。何かをもらう意識で神木に触るのはやはり間違っていると思うのね。余談ですが、三峯神社の宿舎の温泉。今まで入って温泉の中でベスト5に入る程のとろっとした素晴らしい泉質でした。これも自然の恩恵ですね。ありがたい事です。
c0189085_22332117.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-06-29 22:34 | 日常
2013年 06月 26日

雨が続きます。

また外は雨。季節に必要な雨とは解っているんですが、やはり湿気に参ります。ここ数年、山間地の冬の寒さには身体が慣れてきたようです。でも夏の焼け付くような暑さ湿気には弱くなっています。昔と比べても夏の暑さは激しくなってますよね。コンクリートの照り返しの熱気の中を歩くのがとても辛く感じます。なので夏は田舎に行きたい。主人は夏の高温は大丈夫みたいですが、湿気はやはり辛いよう。そうですよね、カナダは一年中からっと快適ですから。彼らが今日は暑いね!なんて話し合っているのを聞いても私は「こんなん暑いうちに入りまへん」と思う。
そんな梅雨の不快な時期、台所仕事で最近特に愛用しているのが「日本手ぬぐい」です。水の吸収が早く蒸発も早い。バクテリアの発生率も低いようです。特に今の季節にはぴったり。お値段も安いですし、漂白してぼろぼろに成るまで毎日酷使しております。やはり日本の風土と共に生活してきた先人は賢かった。昔の人だから知恵が少なかったなんて思うのは大間違いですね。
c0189085_1394462.jpg


樹の上のボードイーグル。つがいでしょうか。昔住んだ家の近くの海を面した山の上の木。彼らが毎年巣を作るスポットです。ここに良くツガイの白頭鷲を2人で見に行きました。生活ってそんな小さな出来事の積み重ねで厚みを増して行くんだな〜と思う今日この頃です。
c0189085_14135911.jpg

我が家の「つちのこ猫」頭骨が小さく身体が大きいもんで、どかっと座っているとつちのこみたいなのです。
[PR]

by norihana333 | 2013-06-26 13:10 | 日常
2013年 06月 24日

お見舞いもうしあげます。。。

カナダ、アルバータ州、カルガリーでボウ川、エルボー川が氾濫し街が水の下に沈み10万人が避難。下の文章では6万5千人となってますが、被害が増えてるようです。都市機能が麻痺し少なくとも3名が死亡されたようです。被害の規模が今回は大きい。心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を祈ります。

カルガリーは山地を望む一部を除けば平坦な土地が多く、農業牧畜王国です。その上天然資源、ガスに原油、鉱石が地面の下にどっさり眠っている。ちなみに恐竜の化石もどっさり発掘されてます。あぁ、そんな化石に見て手に触れてみたい。「アルバータ州立恐竜自然公園」に行きたいとずっと思っておりました。今年のクリスマスにカナダに帰る予定なんだけど、どうよ冬のアルバータ州。行きたいあーた。と今は自問自答中。寒いだろうな。。。この公演ではカンブリア紀(種の多様性が爆発した古生代前期頃)の奇妙きてれつな生物の化石も山肌から沢山発掘されてる。カルガリー大学の山に籠って化石を発掘する研究者の風体が、ホームレスにしか見れない辺りのラフさも好き。見た時心の中でくくっと笑う。心底好きな事をして居る人は見ていて奇妙だけど魅力があります。
その上、アルバータ州は税金もBC州よりかは安い。まあ、住んだら治安や天候、寒過ぎやわ〜冬にショッピングに行かれへんやん、海がないから寂しい〜退屈だ〜それよりなにより日本食がヴァンクーバーに比べて手に入りにくい!な〜んて不満はどっさり出て来るとは思いますが、客観的に見て将来有望の良い土地だなぁと私たちは思ってるの勝手に。笑 イーハー!カウボーイの街。

Over 65,000 Calgary residents were allowed to return to their homes Sunday to assess the damage after the swollen Bow and Elbow Rivers caused flooding across the southern province, leaving much of Calgary under water and at least three people dead.

c0189085_10504282.jpg

夏のヴァンクーバー、ダウンタウン。日本と比べれば夏は涼しいし湿気もない快適な環境です。人気のない道の植え込みに花咲いていたヒマワリ。
[PR]

by norihana333 | 2013-06-24 10:54 | Canada
2013年 06月 22日

霧の中を手探りで歩く。

これが英語のリーディングを勉強している私の状態。もう文法の勉強に集中するのが嫌でイヤで身体が拒否するが「なさねばならぬ」と精神でむりやり本とノートに向かう感じでしょうか。ああ、退屈です。なんとか退屈な勉強時間を楽しくしたいと思っているがなかなか楽しくなりません。ただ、少しエンジンがかかってきたような。気もする。
c0189085_20444467.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-06-22 20:45
2013年 06月 22日

2013年6月23日

c0189085_9522597.jpg


2013年6月23日日曜日。月が地球に最も近づいたタイミングで満月を迎えます。スーパームーン。
阪神大震災の日の夜の月はオレンジ色の巨大な満月でした。地平線に浮かぶ満月をことさら大きく感じたのは錯覚だったと思います、でも恐怖を感じながら空を見上げた記憶が夫婦共にあります。燃えるようなオレンジ色だったんです。明日はちょっと特別な満月の日。地震に気をつけるにこした事はないと思いお水をお風呂に貯め、お米を多めに炊いておきます。パンも焼いておこう。そんな事を考えながら今日も新宿に行こう。
[PR]

by norihana333 | 2013-06-22 10:05 | 日常
2013年 06月 21日

サンライズ瀬戸

香川に帰る時に時々使わせてもらう夜行列車。寝台特急「サンライズ瀬戸」東京駅を22時に出発。高松間を走ります。この夜行電車、朝明るくなってから瀬戸大橋を渡ります。朝焼けの海を眺めながらベッドに座る。美しかったです。岡山までは「サンライズ出雲」と一緒に運行されてました。岡山で切り離しされます。ガタンという大きな音を岡山駅で早朝聞きながら島根県に心は飛んだ。
出雲には行った事がないので、また今度行きたいな。片道は寝台列車で。寝台特急サンライズ瀬戸の料金は、東京~高松間をB寝台個室シングルに乗車した場合、運賃と合計して2万1,510円。割高ですが、電車好きなので一度乗ってみたかった。シングルでなければもっと安い席はあります。

c0189085_19511186.jpg

何度もこの夜行を利用している息子のアドバイスでお水などを買い込み乗車。寝台列車は驚く程キレイでした。
c0189085_195332100.jpg

c0189085_19582039.jpg

二段ベッドのお部屋。ドアを開けたらそこはベッド。せまっ!あまりの部屋の手狭さに主人と2人で蟹歩きも出来ないねと笑った。でも奇麗な室内でした。荷物をベッドに投げ込み、東京駅から二段ベッドの上で横になって大きな窓の外を見上げる。東京の高層ビルの灯りの奇麗さに息をのみました。そして個別のアパートの窓から漏れ光と光景に魅入ってしまいました。幾千の星の光の様な。。。東京は美しい街だな〜。人工の人が作り上げた美しさがありました。
[PR]

by norihana333 | 2013-06-21 20:08 | 讃岐よいとこ
2013年 06月 21日

勝てそうで勝てない、その差はなんだろう。

サッカー。コンフェデレーションカップのイタリアvs日本。再放送で見ましたが、見応えのある試合でした。ただ結果がね、勝てそうで勝てなかった。悔しかったですね。私は評論家が試合の後から敗因をあれこれ喋ってるのを聞くのが嫌いでね。小銭稼ぎのコメンテーターと皮肉満点に呼ぶ気もないけれど、後だしじゃんけんは誰でも出来ますから。惜しかったけど負けは負けだから。ただ勝ちに行こうとするガッツはひしひしと感じました。このガッツがなかなか選手に見れなかったりするのが不満なので。これは相撲界でも同じですね。相撲は個人技ですがね。この試合の負けっぷり、見ててこんだけ悔しいんだからその場でプレーしていた選手達の悔しさはたいがいのもんではないでしょうか。あの切り替えの早い、本田選手が試合直後にコメント出来なかったもんね。ざんねん。負けは負けですが。勝てる試合だったなと思います。でも勝てなかった。
c0189085_94752.jpg

[PR]

by norihana333 | 2013-06-21 09:47 | 日常
2013年 06月 20日

骨付鳥。

鳥の足。香川ではなかなかの人気でうどんに次ぐ地元民が愛する味です。香川の地元のスーパーでも冷凍ではない骨付き鳥の足を売ってます。東京では骨付きの鳥の足はスーパーの棚にはあんまり並んでないですね。リクエストすると奥から出て来るみたい。でも冷凍。ブラジル産がおおいかな。
香川では鳥の脂付きで売られてます。カップに入っていて、その鳥の脂を最後にジュッと肉に掛けます。そうすると皮がぱりぱりになります。カロリー計算は無視のメニューですね。一鶴風の骨付鳥の足を今日は家で焼いてみた。う〜んいまいちだわ。いま家中がニンニクの香りに満ちてます。匂いでお腹がいっぱいになりました。一鶴風の骨付鳥に仕上げるには、お肉の下ごしらえがやっぱり一番大切なんだと分かりました。お肉の切り方で火の入り方と味の染み方が全然違う!味付けも塩とニンニクだけなので切り方がすっごく重要。この写真のお肉は香川、丸亀市「一鶴」の骨付鳥です。

c0189085_17505145.jpg

メニューには若鶏と親鳥がありまして。これは若鶏。親鳥だと歯ごたえはあるんだけど食べる時に油が飛び散って、指はトーゼン、顔や洋服が大変な事になってしまいます。奇麗な福は着ていかないでね。味付も塩味が強めでビールに合います。

骨付鳥 一鶴 土器川店
[鶏料理]
予讃線(高松-松山)丸亀駅 徒歩19分
〒763-0012 香川県丸亀市土居町2-12-33(地図
ぐるなびで 骨付鳥 一鶴 土器川店 の詳細情報を見る
※2013年6月20日現在の情報です
[PR]

by norihana333 | 2013-06-20 18:27 | 食欲の日記
2013年 06月 19日

Botanic Garden

c0189085_17395455.jpg


このお皿。イギリス風の食器が好きな方はすぐ分かると思いますが「ボタニカルガーデン」です。
カナダ、ヴァンクーバー。ハウストリートにあった街で一番成功していたお店。その倉庫で働いていた2年と半年。もう夢に出てきてウナされるかと思うぐらいギフトラッピングしました。特にクリスマスシーズンには。見た事もない豪華な気の利いたリボンやラッピングペーパーに囲まれて、へ〜こんな風にリボンを作るんだ!奇麗だな〜なんて新しい発見もおおかったけど。実際の仕事は肉体労働で埃にまみれて働いてました。倉庫を掃除する意識がない会社だったので、棚を触るだけで手は真っ白になったなぁ。あんまり毎日このお皿に触っていたから、あのぼてっとしたお皿の肉感が好きになれず。なんたって重いのよ。一枚一枚特注の箱に入っている事が多いこのお皿、4枚セット一箱でラッピングすると重くてね、結局自分では買わなかった。いま日本に帰ってきて買っとけば良かったな〜としみじみ思う。

この写真のお皿、お店のオーナーであるシェリーが妹さんでありお店の経理としてパートで働いていたボニーが亡くなった時に特注で作ったお皿。アメリカナデシコが描かれています。乳がんから脳腫瘍となり亡くなられてボニー。乳癌と戦う患者団体への寄付の為です。日本に帰国する時シェリーが私にくれた。「苦労が報われたわね。○○○。これでこれからは働かなくってよいね」と言われたんだ。シェリー、人生そんなに簡単にはいかなかったよん。その後も働き続けてるよSherri。

昨日お皿をケースから出して壁に掛けました。キッチンの壁に。ボニーの死後少ししてからシェリーも顎と舌の癌となり亡くなられました。彼女と一緒に長く働いたシンシアが心のこもった弔辞を新聞に起稿しており、読んだ時とても辛かった。その記事もネットでいまは見つかりません。
そうやってみんな消えて行くのでしょうが、思い出はいつまでも心の中に生きてます。
[PR]

by norihana333 | 2013-06-19 18:12 | Canada