hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 09日

美しい日ですが。

地震に注意ですね。気温差が大きく体感もちょっとおかしい。

c0189085_1234632.jpg


こんな美しい花の咲く国土が安泰でありますように。
[PR]

# by norihana333 | 2013-05-09 12:06 | 日常
2013年 05月 09日

チキンスープ

熱が下がって、やっと食欲が出た時に食べたいもの。

わたしはお粥と蜂蜜をかけた梅干し。
そして時々バターたっぷりの厚切りトースト。笑

ここ数日、またもやよからぬモノが空中を漂っているようで、マスクをしていても吸い込んでしまいまった。今年はやっぱりいつもと違いかなり悪質な公害物質が飛んでますよね。はっきり空気を吸った途端に実感出来るほどで、空気がざらざらしてます。

わたしはかなり軽めでしたが主人がダウン。

それで作るのがこのスープ。数えきれないくらい作ったのでは。
フィスラー社の圧力鍋を買ってからは時短で作れるようになりました。
リサイクルショップよありがとう。新品の鍋2個セットで1万2千円でした。

c0189085_1012256.jpg
c0189085_1012154.jpg


チキンスープ。レシピを書くのも恥ずかしいのですが。

1)圧力釜に油をしいてオレガノとキャラウェイを炒める。良い香りが立ったら小麦粉をつけた鶏肉をこんがり炒める。セロリ、玉ねぎ、人参など家にある野菜を加えてまたさっと炒める。じゃがいもは煮くずれるので大きく切ります。小さければ丸のままでも大丈夫。

2)ひたひたの水を入れて加圧。加圧は2分ぐらい。具が大きいと加圧時間が長くなります。後は自然に圧力が抜けるまで放置する。出来上がりに塩と乱切りトマトをどばっと加えて少し煮込んで出来上がり。

単純な家庭料理だけど主人には母の味です。

パンはパン焼き機で焼きあっがた直後に食べました。焼きたては美味しいですね。
ホールウィート30%、ブルーベリー入りです。
[PR]

# by norihana333 | 2013-05-09 10:14 | 食欲の日記
2013年 05月 07日

再生する。

天気のよい庭のテーブルで焼いたソーセージを食べながら、ゆったり話す友人。
話しているうちにこちらまで気持ちの固まりがほぐれました。

運動不足もあるのでしょうが、筋肉も気持ちも固まり気味だったここ最近。
その人の横に居て話しをするだけで気持ちが楽になりました。なんとかなるさ〜。
そんな気持ちになった。

どうして身体に纏っている空気がこの人はこんなに違うんだろう。
横に座るたびにほっとするのです。
暖かい母性の固まりをからだの回りに纏っているようでした。

家に帰ってから、暖かい柔らかさがお腹から溢れ出す様な感覚を覚えました。
友達がそこにいてくれただけで、私は少し再生したような気がするのでした。
イタリアに妙にご縁を感じていたこの頃。いつかその友達の生まれた土地に行ってみたいな〜と心底思いました。お金を貯めねばなりませぬ。

少し前、ご近所の庭で咲いていた海堂。私は不調法なので写真に撮って華道の家元さんの資格を持つ友人に名前を教えてもらいました。

c0189085_17372572.jpg

[PR]

# by norihana333 | 2013-05-07 17:42 | 日常
2013年 05月 06日

ありがとうございます。

去年の10月に香川に帰省した時、お父さんが脳梗塞を起こしました。
母親の胃の手術の日。その日にまるで帰省するのを待っていてくれたかの用なタイミングでした。

c0189085_1235177.jpg
母の手術に付き添い帰宅した時の父はすやすや眠る子供のようでした。発作の進行具合がゆっくりだったようで、いびきなどの症状が出るまでまるでお昼寝しているようで気づくのが1時間は遅れました。

救急車を呼び救急病院へ運ばれましたが、なんとか助かりました。なんども心臓は不整脈を起こして危険な状況だった為。年齢を考慮し血管内の血栓を溶かす積極的な治療は医師の判断で行わない事になりました。脳を保護する薬の点滴のみでしたが徐々に薄皮を剥ぐように落ち着きました。良く助かってくれました。

正直、ご先祖様の加護としか思えないタイミングでそこに居られた事に心底感謝してます。でもなんですぐおかしいと思い自分は行動できなかったのかと後悔があります。お腹の底に昇華出来ない思いがあります。老いて行く父親、母親への配慮が薄かった。
また心に浮かび事があれば少しずつここに書いて行こうと思います。誰を意識するでもなく。

長い間ブログを更新せず、コメントさえアップしませんでした。すみませんでした。
今後はバランスを取りながら自分の本音を書いて行きたいと思います。

またたびさん、日常茶飯さん、ひかりさやさん、西垣さん、stessa2さん、ありがとうございます。
この写真はお祭りの「ちょうさ」大型の御神輿ですね。残念ながら漢字を忘れちゃいました。

まだお父さんが意識不明だった時、お祭りのぼんぼりが外の道には灯されてました。ぼーっとその光を眺めお囃子を聞きながら父が生きていてくれた事を感謝してました。
[PR]

# by norihana333 | 2013-05-06 12:37 | はじめまして
2011年 10月 23日

かまあげ県でもええんとちがう。

c0189085_21582023.jpg


香川に帰ってきます。ほんじついろいろお土産を発送して冷蔵庫の掃除メニューでもう満腹です。ダイエットしとんではないのかえ。と自分に突っ込むがぼけれず寂しい。。。。



要君。。。。。「うどん県」って。苦笑。息子と爆笑しながらもこれでもっとたくさんの方達が香川に来てくれたら嬉しいな〜と思う。しかし要潤さん、同じ学校卒業生として応援してるが。今後お笑い系にも方向性を見いだそうとしてるのかしらん。
[PR]

# by norihana333 | 2011-10-23 22:09 | 讃岐よいとこ
2011年 10月 17日

タンドリーラムチョップ。

c0189085_20381877.jpg


これは。。。。ソファの上に餅のように伸びて寝る猫のしっぽ。
高い所が好きでここに座って良く家の中を見渡しております。お気に入りの場所。

c0189085_20412990.jpg


タンドリーラムチョップとレンティルカレー、パスタサラダ。
ラムは一日漬け込んでいたので油の臭みも取れてました。

c0189085_20435791.jpg


c0189085_20441699.jpg

チーズケーキに娘が書いてくれたハッピーバースデー。ケーキの上にはベリージャムをのっけて食べてます。
[PR]

# by norihana333 | 2011-10-17 20:48 | 食欲の日記
2011年 10月 04日

百人カレーを作ったら百人違う味になる。

c0189085_11191727.jpg


高尾の向陽台にあるカフェ「TOUMAI」の野菜カレー。散歩途中で食べたのだが美味しゅう御座いました。個性的。ご自分で自宅を改造してオープンされたお店らしく手作り感が伝わって来て居心地良かったです。自分道を行くって感じかな。他にも美味しそうなメニューが多かったので勉強のためにもまた行くぞ〜。
http://cafetoumai.com/
[PR]

# by norihana333 | 2011-10-04 11:26 | カレー料理
2011年 10月 02日

チョコレートマフィン。

c0189085_18152981.jpg

カナダのお義母さんから「お誕生日おめでとうカード」が届いたので娘の作ったマフィンと一緒に写真を撮ってみた。さっそく焼きたてを食べたけど極楽ざんした。ありがとうね。机の上にはハロウィン用のパンプキンもあったので一緒に記念撮影。マフィンの傘の部分を大きく張り出した形に焼き上げたかったようですがオーブンの事情で断念。たくさん焼いて会社に持っていくつもりらしく頑張っておりました。小さなマフィンだけど日本では標準サイズだよね。傘のハリ出た形のマフィンは日本では受けないのだ〜。でも「キノコ型のマフィン」の傘のかりかり、私たちは大好きです。たださ〜凄い高カロリーなんだよね。。。
[PR]

# by norihana333 | 2011-10-02 18:26 | 日常
2011年 10月 02日

كباب (kabāb)ケバブ

c0189085_11324133.jpg

ラムの前足上部の煮物。なかなか野性的な味で噛みごたえのあるすじ肉といいますか固い。。。。お肉でした。このラムさんは生前は良く歩かれたのね。わたしも見習って毎日坂道運動を頑張るつもりです。味付けは凄くシンプルな薄味のトマト風味。
c0189085_12225370.jpg

ケバブ。自分で鶏肉と野菜をパンに巻く形です。パンはおかわり自由だったので数枚頂きました。まるで手巻き寿司のような風情でした。
c0189085_12235845.jpg

スパイスと茹でた青豆の入った混ぜご飯。スパイスがたくさん混ぜ込まれていて美味しかった〜。
c0189085_17472664.jpg

食後はあま〜〜〜いお茶を頂きました。

c0189085_12251990.jpg


軽井沢で食べた料理。名前を控えておけば良かったな。
[PR]

# by norihana333 | 2011-10-02 12:33 | 食欲の日記
2011年 09月 30日

PCの椅子から遠く。。。。

c0189085_15301314.jpg


離れてみようかと思い、意識的に毎日行動計画をたてて動き回ってます。長野の小旅行した時のテレビもインターネットからも遠かった生活が思いのほか心境に良かったので、ちょっと習慣を変えようと思い立ち実行しとりました。毎日動く動く手を忙しくする、そしてぶっ倒れるように寝るの繰り返し。庭の雑草とも格闘。小さな庭がジャングルと化していた。「これはどないかせんといかん」とはたと思い立ち掃除に次ぐ掃除です、まだ終っていないけど3/11以降どうしても庭仕事には気持ちが向かなかったので外仕事出来る事がありがたいです。
ここ最近のいちばんの楽しみは「朝の散歩」。かなりの早足で坂道を行き来してる。山に住んでる得点を生かし切ろうと思って。笑 毎日少しだけでも歩く動きや身体の重心の取り方に工夫を加えると体調の変化が見えて来て楽しくなってきた。毎日は飛ぶように過ぎてゆく。ほんと凄い速度で時が動いて行く。歳ってことでしょうね。そんなこんなで、とても元気にしております。
[PR]

# by norihana333 | 2011-09-30 16:04 | 日常
2011年 09月 05日

Party food.

隅田川の花火を見ながら頂いたparty food。おいしい。。。。食べやすい。気が利いている。
カラフルなプラスティック製のお皿に乗ってサーブされ、まるで誰かのお誕生日みたいでした。

c0189085_934615.jpg

c0189085_9345713.jpg


ぜんぶ美味しかったのだ。このローストビーフはお箸で切れるぐらいの柔らかさでかなりお高いお肉で有る事はすぐ解りました〜。手作りの柚子胡椒もぴりっと素晴らしい。今度わたしも作ってみようかな。
c0189085_14272180.jpg


全部の食べ物を一人で用意して下さいました。段取り上手だわ〜。
[PR]

# by norihana333 | 2011-09-05 14:35 | 食欲の日記
2011年 09月 04日

軽井沢の御膳水。

さて、今年の夏は2回も長野に行く事が出来ました。たいへん良い経験をする事が出来たな〜と思います。あの3/11の震災以降、毎日眠る時に「今日も元気に生き抜けた」と思いながら生きております。大げさだと笑われるけれど、ほんとにそう思って毎日過ごしているのです。今日一日いろいろあったが家族が無事に生きていられて良かったと思う。なので今回の旅行も格別心に染み込んだ。八王子から約3時間弱の快適なドライブで中軽井沢に到着。今回はホテルに泊まりました。「ラ・フォーレ中軽井沢」温泉があるようなので楽しみです。

友人はホテルまで迎えに着てくれて到着直後の私たちを「長い散歩」に誘ってくれました。これが、ほんとになが〜い散歩でした。笑 その方はアメリカ人ですので「長い」と言えばほんとに長ーい散歩なのでした、ランニングシューズを履いて行って良かったわ。別荘は旧軽井沢地域だったと思う。コテージの近くには川も流れ、家の中にいても水の音が聞こえる素敵な環境でした。軽い空気を肺いっぱいに吸い込み、歩いて鳩山さん通りを抜け雲場池へ。細長い池の形状からデーランボーという巨人の足跡という伝説も残っているそうですが、近世にホテル鹿島ノ森の敷地内に湧く御膳水を源とする小川をせき止めて誕生した池です。

c0189085_1654679.jpg

c0189085_166185.jpg

c0189085_1661279.jpg


ホテル鹿島の森敷地内で湧き出す御膳水の水源から流れるお水。明治天皇もこちらに行幸されたようで石碑に記入されてました。こんな奇麗な湧き水が東京にあったら、すぐにパワースポットと言われて幸福祈念の人たちでごった返すのだろうが、まったく人はいませんでした。湧き出す水の量は少量でしたが、今もこんこんと湧き出してました。こんなに近年木を切り倒し、乱開発していると言っても良い状況なのにお水は今も湧き出してました。なんだか謝りたい気持ちになったので水源に謝ってありがとうと言っておきました。御膳水の水源を上がって行くと、そこにはホテル鹿島の森が。ゆったりとした作りのホテルで軽井沢が清涼な避暑地だった頃を忍ばせる風情でした。苦笑 軽井沢ゴルフコースは外から見ただけでしたが大変クラシックな作りです。白洲次郎が晩年に理事長となったゴルフコース。みんなが正装でゴルフしていた中、次郎さん自身が「Play fast」のTシャツを着てプレイしたので有名ですね。避暑地のゴルフ場なのでいろいろな規制を取っ払いたかったようです。「メンバーによる、メンバーのための、メンバーのゴルフクラブ」、つまり会員制ゴルフ倶楽部として最も理想的な倶楽部と呼ばれているようですが。ゴルフに門外漢である自分はいまいち良く解らなかった。でも土地の人は「白洲次郎のゴルフ場」と呼んでました。

c0189085_16121177.jpg

この辺りは軽井沢で今だに300坪以上の土地を持つご家族の敷地が広がっていました。ひろびろとして夜は怖いかもと思わせるほどのたたずまいです。庭と樹々を管理するケアテイカーさんのお宅も敷地内に建てられ庭仕事が好きな方には夢の仕事ではないかと友人は力説。笑 「私もこんな仕事をしてみたい」とうっとり呟いていたが。「でもまあ、住み込んでずっと働くとなれば。。。やはり大変だよね」と結論付けてました。ほんと、完璧な楽しい仕事などこの世にはないですよね。笑
大きなお屋敷街を歩いている時にちょっと気になる家を見つける。表札に「ショール・アイゼンバーグ」と書かれいる。あれ。。。。。どこかで聞いた様な。。。。うう〜ん気になる。胸に引っかかる。ホテルに帰り携帯で検索して心底驚いた。歴史的に有名な著書『ユダヤの告白』第五章に取り上げられていた方のお宅だった。素晴らしい幽玄なお庭と樹々が茂る奥にひっそりと西洋風豪邸とケアテイカーのお宅が建ってました。まるで「Leave me alone!」と言っているような孤独を好む気配が土地全体を漂うのです。うう〜〜〜ん。ちょっと自分的には壷にはまりました。なぜなら大学生の頃にスパイゾルゲ事件の本を読んだ時にこの方のお名前を見またし。著名人のお住まいが多い軽井沢。凄い所ですね。。。。ヒットラーユーゲントが軽井沢を訪ねた時の写真も後で旧軽井沢の古くからの写真店で見て、また驚く。でも今は外国人の別荘は激減してます。だって。。。なんだか街はごちゃごちゃしていてまるでお土産屋さん通りみたいになってしまっているから。複雑な気持ちになるのであった。

その日の夜は火を囲む夜となりました。暖炉に入った火の爆ぜる音と水の音の中、会話を心底楽しみました。。テレビが必要ない贅沢な夜でした。ゆったりとした時間。


夕飯は庭でバーベキュー。鮎を焼き日本酒の「真澄」を飲む。諏訪のお酒。その後お肉を焼いている時にスズメバチが宴会に参加してきてちょっと騒ぎとなった。ご主人が「自然の取り分」用お肉をトレイに置いて木下に置くとハチはまったく私たちに興味がなくなりました。長野生まれのご主人は「山の取り分」を自然に取り分けてましたが、わたしにはその行為が凄く新鮮だった。山の動植物を仲間と見るその視点が好きだった。今の日本人全員がこんな意識で自然と向き合えば、大きく環境問題は改善するかもしれないな〜と思うのであった。夕飯後、まだ燃える炭を暖炉の中に運ぶ。炭を暖炉の火種に使っておられました便利ですね。薪も軽井沢の木屑集積所で拾って来た木の枝をご主人が切って使われているので無料だそうです。木造住宅だし大きな樹々に囲まれて、湿気があるのが難点でもあると仰ってました。4ヶ月に渡る梅雨から夏の間はずっと乾燥機のスイッチを入れているそうです。無人でも。湿気対策が大切のよう。ご主人は一年間のコテージでの温度と湿気を集計し、パワーポイント表にされてました。見せて頂きましたがさすが大学の先生。湿気は夏が高いのね、雪の降る冬はそんなに湿気は大した事がないのだと生まれて初めて論理的に納得できました。

自然豊かな長野、軽井沢の別荘地。一つだけ友人ご家族を困らせる事が発生してた。キツツキが屋根裏に巣を作っていた。そう直径10センチほどの穴が二つほど開いてた。これは。。。。。かなり高い屋根裏部分に開いた穴なのでプロに対処してもらわないと厳しそうでした。キツツキが家の壁に巣を作る軽井沢。凄いぞ〜。カナダみたいだ。。。。

c0189085_17411515.jpg



続く。
[PR]

# by norihana333 | 2011-09-04 18:10 | 長野あたりを行く
2011年 08月 30日

軽井沢なう。

ばたばたと長野にまた来ております。主人の友人のコテージでバーベキュー。夕飯の後に暖炉に火をいれる。こうこうと燃え上がる火はひんやりした夜の空気を温めてくれました。うっとり。3日ほど滞在する予定なのでいろんな所を歩いてみるつもり。しかし、同じ軽井沢でもコンクリートの商店街と樹々が生い茂る別荘地では空気の壁があるかと思うほど温度がちがいます。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-30 22:03 | 日常
2011年 08月 29日

鎮魂の花火でもあったと思うんだ。

c0189085_2193415.jpg


昼過ぎに墨田区「曳舟駅」近くのスーパー前に集合。混雑し始めたスーパーの中でビールやいろいろを買い求めてから「隅田川花火大会」を高層住宅のベランダから見て来ました。きゃっほ〜。凄い眺め。大迫力でした。今までいろんな所で住んで花火は見たけれど、空中から見たのは初めてでした。約2万発の花火が空に舞う。7時過ぎから始まって8時30分まで豪華な花火が空を舞いました。空に散って行く花火を見ながら東北大震災で亡くなられた方達の冥福を祈りました。今年の夏までは悲しい事が多かった。ほんとに落ち込みました。関東大震災が起こった9月をなんとか乗り切って行けたら良いなと思います。そんな事を考えながらも花火は空を舞う。隣の高層住宅の有るお宅はベランダで大宴会が開催されてました。家族で花火を見る人やご夫婦、そしてたった一人で花火を見る人。いろんなひとの姿を他のビルのベランダに見てました。東京は素晴らしいな。以前は人の多さにげんなりしたけれど、今はその混雑さえもがいとおしいですわ。時々頭に来るけれど。。。そんな事を考えながらも、ビール片手にベランダから見る花火はことのほか素晴らしかった。たくさんの花火大会が中止された今年の夏、大変な時だからこそ花火大会を決行した江戸っ子の心意気を感じました。お誘い頂いた「おかみさん」の手料理はすっごく美味しかった。お料理上手の方のお宅に伺うと知っていたのでお腹ぺこぺこで出掛けて行った。笑 まるでお腹の空いた小学生の用に食べまくってしまいました。「かしら」が差し入れしてくださった「柿の葉寿司」も美味しかった。お世話になりました。

飲んで食べて空を見上げて。。。。写真を撮るのは失敗したので無料サイトからお借りしました。なんの混雑も経験する事なくすいすい花火を楽しめた夜でした。ありがとうございました。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-29 21:36 | 日常
2011年 08月 28日

戸隠神社。Day 2.

さすがに早く寝た為か朝は6時に起床。宿坊のお風呂に入り身体を温める。ふ〜〜っ筋肉がやっと柔らかくなりました。さすが山の中、8月最後とは言え夜は冬用のお布団にくるまってちょうど良いくらいの冷え方でした。夜寝ている時に何度か身体がワサワサ揺れて地震かと思ったけど。。。。夢だったのか気象庁の地震速報にはなにもアップされてませんでした。そして雨の朝。宿坊でのお勤めに参加させて頂きました。大祝詞から仏教へとお勤めは続きしみじみ古い「神仏混合」が残っている土地柄なのだな〜と感心しました。古くから信心深い土地柄だったのですね。さくさくと朝ご飯を食べてから参拝を始めます。
c0189085_1849017.jpg

中社横にある滝。戸隠は水が豊かな地域ですね。溶岩流が固まった土地の上に街が有るそうで、九州の山中を思い出す。大分県や熊本県の山中には滝が沢山あり清流がこんこんと湧き出してました。
c0189085_1853563.jpg

c0189085_18553569.jpg

雨の中雲が下から上がってくる。景色がみずみずしい。と言いますか緑に濡れてます。
c0189085_18574814.jpg
c0189085_18572074.jpg
c0189085_18581672.jpg

苔って奇麗ですね。2名ほど歩いている若い方とすれ違いましたが、雨の中静かな時間。ただ足下は。。。。どろどろ。身体は濡れて重い。
c0189085_190877.jpg

コロポックルではありません。ゴアテックスに傘で完全武装のヌレポックルと言いますか。。。。
c0189085_1922641.jpg

c0189085_193234.jpg

この杉並木は植樹されてから約400年程だそうです。空高くそびえる杉の木達を見上げている時「まるで大聖堂みたいだね」と独り言。キリスト教の古い大聖堂内部の空へ高くそびえ立つ、見上げる空間は「祈りが濃縮した空間」と私は勝手に命名しております。
c0189085_19104565.jpg

c0189085_19111629.jpg

奥社に到着。はあはあっ。大きなバスから沢山の人が降りて参拝されてました。でも今日は空いてると忍者屋敷の受付の方が仰ってました。胸にバッジを付けた団体さんやカップル、女性2人組、家族連れの参拝者も多く人気の程が伺えます。この戸隠神社は主人が日本の文化に興味を持つきっかけを作ってくれた所。神社の入り口で告白してましたが、修験道へのあこがれが主人を日本に向かわせたと言っても良いそうです。ただ、日本に来たら別に山にこもって修験道の修行をしなくても日常があまりにも「修行」だったので戸隠に来る暇がなかった。と言ってました。わはは、そうね〜滝に打たれなくても日常生活の滝に打たれるだけでも十分だよね。笑 ある意味私と子供達、そして主人を引き合わせてくれたお宮なのです。だからお札も頂いて来ました。お札を頂くってことは一年に一回は必ず参拝に行くって意味なので良く考えてから「お祭りしよう」と決心しました。

奥社からの帰り道、滑って怪我しないようにそろそろ歩いていたのですが。。。。どんどん歩くスピードがついてきて気がついたら飛ぶように2人で歩いてました。重い濡れた身体でも足は飛脚のようにすいすい。笑 「あれれっ身体が軽い」と言いながら歩いていると雨が上がった。。。。。。。
c0189085_1940667.jpg


中社に付く頃には「晴れ」となっておりました。参拝後、人気のお蕎麦屋さん「うづら家」は長蛇の列で食べるのは諦め、「二葉屋」さんでかなり遅い昼食。もうなんだか良い気分になって写真を撮り忘れたが。。。。季節の茄子辛し和え、野菜天ぷら、日本酒一合、ジャガイモの蒸し物、ざるそば大盛りを食べてうひゃひゃ〜っな気分になりました。全部美味しかったのですが、茄子の辛し和えは。。。。絶品でした。美味し過ぎて涙ぐむ。辛い。。。良い気分になりながら戸隠から長野への急行バスに乗ったのですが、昨日とは違う素敵な整備された道をバスは走る。多分長野オリンピックで作った道かな??快適なバス旅でした。次回運転して戸隠神社へ行くときは絶対この道を選びます。笑 その後長野駅周辺でぶらぶらしたんですが、自分が立っている場所から四方八方を眺めても「山」のある風景が素敵でした。山に囲まれ空の高い長野市。行き交う人は多いのですが、ゆったりしていて魅力的でした。

りんたろう猫の与太話。今回は一泊旅行だったので、同居する子供に猫の世話をお願いして出かけました。噛み付くしわがままな猫で別に人に執着している気配も薄かったので、まあ一泊ぐらい大丈夫だろうと思ったら。。。。トイレを初めて失敗し玄関から動かず、私たちの寝室に猫背で寂しそうに一日しょんぼりしていたそうですわ。ちょっと電話で聞いて笑ったけど。。。繊細なのね。。。。困った奴だが可愛い気もするだ。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-28 20:04 | 長野あたりを行く
2011年 08月 28日

雨の戸隠神社。Day 1.

長野は雨。天気予報はそう言っていたので傘とゴアテックスをカバンに入れる。新宿発朝8時50分の善光寺行きのバスに乗り出発。もう一回長野にこの夏出かける予定になったので、今回は楽な高速バスを選びました。平日限定の「なかなか切符」長野ー新宿間往復5800円を購入したので経済的でした。横川インターに停車中、どうしても食べたくなったのがこれ。
c0189085_11263163.jpg

キャッホー。。。。。おぎのやさんの「峠の釜飯」900円なり。釜めしはほんとにひさしぶりだ〜あっさりほっこり美味しい。お漬け物の小さなケースも気が利いてました。ただ、車中で食べたので空容器の処分に困りました。結局重い陶器を宿坊まで背中に背負って運んでしまいました。しかし立派な益子焼の容器だわ。出来れば持って帰りたかったな〜。
c0189085_11324853.jpg

あめあめあめ。。。。長野市は気温も湿気も高かった。30度あたりだったと思う。べとっとした新宿の雨の日の京王線車両の中の混雑を思い出した。
c0189085_1134235.jpg

c0189085_11345165.jpg

もうびしょびしょ。笑 不快指数かなり高いです。
c0189085_11361973.jpg

善光寺の地酒「雲山」を生産されている酒蔵。沢山テイスティングさせて頂きました。
c0189085_15265547.jpg

お味噌も私好みで美味しかった〜。しょうゆもろみの「よしの豆」もとても素朴で美味しかった。冷や奴の上にのっけて食べたい。そんなこんなで、街をぶらぶらした後に戸隠キャンプ場行きの川中島バスに乗車。善光寺ー戸隠中社間の往復切符2200円を購入。バードロード経由の経路をいく事になりました。地元路線バスなのでご老人とおこちゃまで満員。くねくね道を上がってゆく。道の上に囲いが設置された曲がりくねった道。山を降りて来る対向車とバスが交差するのもぎりぎり。。。こわっ。そのあたりが交通難所で有名な七曲がりだったようです。主人と運転して来なくって良かったとバスの座席でしみじみするのだった。山深い地域のバス停で次々に子供達が降りて行く。数人のお子さんがバスに残ったので「これ食べる?」といろいろ楽しい会話が始まった。笑 「夏休みはもう終ったの?」と聞くと。「うん。ぽりぽり(おかきを噛む音)。「そっか〜夏休み終ったんだ。残念だね〜」と言うと。「ざんねん」とぼそっとつぶやき笑えたわ。あははっそうね。もっと遊びたかったね。可愛い残念小学生のランドセルにはカウベルが付いていた。「これは熊避け?」と聞くとどーも小熊がその集落に出たらしく、全員のお子さんの背中でがらんがらん鳴ってました。やはり戸隠は山の中。
c0189085_1150272.jpg

夕方戸隠神社、中社の前に到着。やっぱり雨。
c0189085_1151126.jpg

戸隠の「宿坊 極意」さん。今晩はここでお世話になります。<江戸時代から続く宿坊で「国の登録有形文化財」積雪に強い「セガイ造り」と呼ばれる神殿、庫裏、庭園からなり神殿は東西六間半、南北五間。庫裏は七間と十一間です。厚さが一米半に及ぶ萱葺き屋根は雪の多い戸隠にふさわしい、力強さを見せています。>ほんとうに大きな茅葺き屋根でした、やはり涼しい と言うことは冬は暖かいはずですね。お風呂とトイレは共同ですがお部屋は広くゆったり。
c0189085_11593045.jpg

c0189085_1212247.jpg

夕飯。メインはおそばでした。美味しい。香川生まれなのでうどん派の私だが、このお蕎麦は美味しいな〜洗練された食感だわ。
c0189085_1222982.jpg

この宿坊のお座敷。神棚とこちらのお宅先祖代々の仏壇が祭られてました。ご主人は以前は戸隠神社に奉職されていたようです。毎朝7時30分から朝のお勤めをされるようで、私たちも参加してみる事にしました。雨にずっぽり一日中濡れながら歩いたので疲れたのか、夜は9時にはもう自然に寝てしまいました。自分で驚く。子供並みだろうか、、、最近はお子さんも9時には寝ないよね。やはり濡れると疲れますね〜。翌日朝から戸隠神社の参拝を始める予定です。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-28 12:10 | 長野あたりを行く
2011年 08月 22日

Bruno Mars

Just the way you are. Gleeのカバーでこの人の曲を聞いて好きになった。ハワイ出身、のんびりした牧歌的な明るさを歌からも感じます。


[PR]

# by norihana333 | 2011-08-22 18:31 | 歌は良いなあ
2011年 08月 21日

昭和記念公園でバーベキュー。

今日は雨の中、立川の昭和記念公園でバーベキュー。毎日胃袋が忙しい。笑 主人の教え子さん達は社会に旅立ち頑張っておりました。総勢6人が集合。みなさん安定して頑張ってました。そのうち一人はまだ中国に出張中なのでまた次回の参加となりました。あのどでかい事故を起こした高速鉄道のような乗り物(なんだろう?)に乗りながら中国で頑張っているようです。この公園はバーベキューエリアが充実してました。知らなかったけど凄い人気みたいです。今回はデラックスセット一人¥3400を頼んでみた。椅子もコンロも何もかもがこみこみでこの値段。安いかと思いました。だって飲み物だけ買ってい行けばほとんど手ぶらでバーベキューが出来ます。ただ器具は洗って返却しなければいけません。

c0189085_18514872.jpg

豚肉をワインで焼いてみた。けっこういける。岩塩とペッパーで食べてみた。

c0189085_18513112.jpg


美味しかったです。昼には雨も上がり少し気温もだんだん上がってきてました。ちょっと寒いくらいの天候だったので。みなさんの近況が聞けて良かった。
c0189085_1903551.jpg

これがイメージ。満腹になりました。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-21 19:06 | 食欲の日記
2011年 08月 21日

横田基地「友好祭」

Jack Sparrowは働き者だった。コークをクーラーボックスから出しながら注文を受け、その上笑顔で写真に収まって働きまくっておりました。さすが普段は兵士。
c0189085_7242557.jpg

ここは横田基地。20日21日と年に一度の友好祭が開催されてます。初めて参加。この二日間だけ基地が一般の人に公開されます。HPの注意書きに沿って入場する時私も主人もIDを二枚以上準備していたんだけど、三カ所の検問所全てで彼は検問に引っかかった。苦笑 2m近い屈強な日焼けした赤ら顔の兵士が台の上で入場者を見てたんだけど、主人を見てるなと思った途端に人ごみに消えた。あれっ?と思っているとすぐ目の前に部下を2人従えて現れた。俊敏です。マシンガンを背中に抱えた兵士が2人主人の前にそしてもう一人が背後に立っていた。「How you doing?」なんてフレンドリーだったけど行動は。。。。訓練されたソルジャーでした。主人はパスポートを持っていたので提示すると「Canadian? Goooood」と言われたが。何がぐーーーーーっどなんだろう。苦笑 最後の荷物検査でも私はさらっと終ったが主人の小さなカバンは底まで調べられてました。「あーた人気者だね〜」とからかうと主人は「ヒゲを剃って来れば良かったかな〜」と反省しておりました。ぜひ次回来るときは頭にカナダ国旗を差して入場してみて欲しいと思います。しかし凄い人出だったので私たちが入場したときはアジア系へのチェックはほとんどなかった。良いのか?

c0189085_73953.jpg

ジャーマンソーセージとビール。人気屋台は行列が出来てるので諦めた。もっと早くに来た方が良いんだ。知らなかった。それとキャンピングチェアーと小さなテーブルを次回は持参します。

c0189085_7402277.jpg

次はリブを食べてみたい。凄い煙りで目が痛い。

c0189085_7411191.jpg

人気店のバーガーパテ。ソルジャー達が黙々と焼いてました。働き者です。

c0189085_743831.jpg

そして奥に展示されている航空機へ。

c0189085_744981.jpg
c0189085_7434747.jpg


突然みなさんが空を見上げている、何だろうと空を見るとカーゴから4つの物体が落ちた。落ちたと思ったらパラシュートが開いたので人でした〜。沢山の多分マニア的な人が写真を撮られてました。
c0189085_7463124.jpg
c0189085_7461633.jpg
c0189085_7455384.jpg


やはり巨大。アメリカの軍事力は凄い。このカーゴはハワイの航空部隊所属だった。
c0189085_748453.jpg
c0189085_7474576.jpg


日本の宇都宮から自衛隊も参加されてました。しかし広大な軍事施設でした。飛行機の離発着も何度も見たしアメリカの軍事施設は充実してる。

c0189085_750404.jpg

この鳥居。ちょっと短くないですか?笑 曇り空で助かりました。これが晴天だったら熱中症になっていたかも。
[PR]

# by norihana333 | 2011-08-21 08:01 | 日常
2011年 08月 20日

踊り好きなようです。

雨雨雨。。。東京は大雨だった。自宅から真っ黒な都心に向けて広がる雲を見てこれは大雨雲だと。
さて足下をどうする?うう〜ん、今回は逆に濡れても大丈夫なサンダルを履いて出かけてみたけた。一日サンダルで街歩きしてみて、足が濡れると疲労度が高くなるのが良く解った。夜足が浮腫んでうなされる。足を少し高くしたら随分楽になりました。しかしこの雨、ここは熱帯雨林か。シンガポールの夜の動物園で経験したスコールは数十分で人の歩く道を川に変えたけど、その雨とそっくりな降り方だわ。こんごちょっとオシャレなビニール長靴を買います。長靴は新しい東京の必需品となって来たかも。。

今回「第九回 亀治郎の会」に行ってみて思った事は。。。私は踊りが好きであるって事ですね。芝居が好きなわけではなくって踊りが好きなようです。芝居はどうも言葉が解りにくい。まるで外国人の観光客の感想ですが。苦笑 まだ芝居に自分の気持ちを落とし込む事が出来ないのです。正直。その点踊りは分かりやすい。原始的とも言えるかもしれないけど、踊り手さんが懸命に洗練された動きで表現しているとこちらまで楽しくなるのでした。無心で楽しむ境地まで心がいけてるともっと楽しい。出し物は「芦屋道満大内鑑」第一幕「蔦の葉」一幕目は狐モノでしたが母が子を思う人情話として楽しめました。二幕目は「博打十王」地獄の門に引きずり出された博打打ちが得意のばくちで閻魔さまと鬼を文字通り裸にし、ちゃっかり極楽行きのチケットを手に入れるのだが、、、、これも楽しかった。笑えた。どんな人にも分かる筋だし笑いも有り躍動感もありで楽しい演目でした。やっぱり私は亀治郎氏が大好きだ。

亀治郎氏は震災後、東北にお住まいでファンクラブに登録されている方達一人一人にお電話を掛けて無事を確認しこの会へご招待されたようです。お一人さまだけどうしても連絡が取れない方が居られるようです。昨日も大きめの地震があったし「ゆめゆめご油断なされるな」って事ですね。

相撲や歌舞伎を考えているとまた京都に行きたくなった。大文字焼きの薪事件でどーもいただけない思いを京都にちょっと持ったけど。そこはそこ、一部の人が偏狭なだけでそんな人ばっかりでもないからね。あの偏屈さもまた京都の魅力の一部です。
c0189085_9403939.jpg

[PR]

# by norihana333 | 2011-08-20 11:25 | 日常