hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 09日

思い出す。

あの1月17日の早朝、大きな音とともに襲って来た縦揺れは横揺れに変わり
まるでシェイクされてるようだった。それも数十秒だったと思うけど永遠の長さのも思える。
あの瞬間に意識を戻すと今も生々しく思い出します。

そして、割れた食器で足を切らないように布団を敷きつめ玄関から外へ。

真っ暗な街に朝日がさして来ました。山の上のアパート。
明るくなり始めた芦屋の街を見下ろすと。

町中の数カ所から火の手が上がり、海岸近くの高速道路があった辺りからも粉塵が上がり
視界が遮られていました。
火が上がる地域に向かう消防車のサイレン音はまったく何処からも聞こえず。
ただひたすら静かな無音の世界でした。

この時期になるといつも亡くなった友人や震災後に連絡先が解らなくなった知人を思い出します。
c0189085_10503071.jpg

[PR]

by norihana333 | 2011-01-09 13:11 | 日常


<< あの日も寒かったな〜      用意周到な男は言う事もちょっと... >>