hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 08日

地震のそなえ

c0189085_10173623.jpg


「地震への備え」は固い地盤の地域に住む事。実はこれに尽きるなと思います。地盤の緩い地域はやはり被害が大きくなります。古い建築物は要注意。地盤が緩い地域に住んでいても最近の耐震設計建築物は素晴らしいです。特に日本は。今も阪神大震災のM7の揺れを思い出すと怖いですが。ある意味非常袋を用意しても家が崩れれば取り出しようもない訳です。固い地盤の家に住んでいても出かけていればまた違う被害に会いますから。なるようにしかなりません。ある意味達観した気持ちになっております。でも、地震の事は心の引き出しに入っていていつも意識してます。

高性能の懐中電灯を数個家の各所に置いている。料理用のカセットボンベの予備を保管している。有る程度の現金を手元に置いておく。いざと言う時に窓ガラスを割れるバットなり金槌の保管場所を確認する事。数日間の水の確保を考える。などなどは意識して行っているのですが。。。でもこれらも家が全壊すれば意味をなさない事です。人間は無力ですが出来うる事はしていた方が良いですよね。

一番大切だと思うのは、地震の事を常に意識する事だと思います。

地面はいつか揺れます。日本に住む限りは地震は避けて通れません。
揺れたその時に生きてさえいれば対処できると思います。そして震災の地点から30キロばかり離れれば普通の生活があります。いざとなればその土地から離れればお金も食事も水もありますから。
なので、なるべく車のガソリンは満タンにするようにしてます。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-08 10:23 | 日常


<< 地面がうねる。      北米の人間にとってのインスタン... >>