hana日記

hanasui3.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 18日

ここでがんばろう。

地震から主人が不安感でいっぱいになってしまった。神経質なのです。特に地震に。阪神大震災を芦屋で経験してるので仕方がないですよね。私も怖いですもん。ましてや初めて経験した地震が阪神大震災だったから。今回の東北大地震と福島原発の放射能漏れを見ていて、今後仕事が始まるまでの約一ヶ月をどう過ごしたら良いのかをもんもんとしていました。彼なりに家族を守りたかったのです。

ただ悩み過ぎて、あまりにも論点がぐるぐる回るので今後の可能性をリストにして比較検討してみました。例えば1:自宅に残る 2:私の実家に行く 3:カナダに一時帰国する 4:関西に避難する。。。などなど。それらの選択肢の「良い面」「悪い面」を思いつくまま書き連れねてから話し合いました。その結果自宅に居るのがベストとの結論に至りました。ほっとしました。
自宅に居る事の「良い面」が飛び抜けて多かった。明確になり彼も納得してくれました。

外国人は納得しないとテコでも動きません。喧嘩をしても意味がないので議論を重ねて納得してもらいました。私も腹が据わった。選択肢が多いと人は贅沢に迷いがちになりますね。家族が健康で生きていてくれているし暖かい屋根のついた家があるのですから、それ以上願う事はありません。
阪神大震災で私たちは仕事を辞めてカナダにわたったのですが、ずっと心の底のそこに「一番大変な時にそこを離れて頑張れなかった自分への後悔」が潜んでいたのです。これは95年からずっと後ろめたさとして胸に潜んでました。地震でその地を離れた事を誰も責めないし、私たちにとってのその時の最善の判断だったと思うけど、自分の良心が納得してなかった。これは主人も同じ気持ちでした。
いろいろ考える事の多い一週間でした。心配したり泣けてきたり、安心したり不安になったりしたけれどこれで腹が据わりました。もう悩まないし宮沢賢治が描くところの「でくのぼー」として生きて行きたい。

  〔雨ニモマケズ〕

   

   雨ニモマケズ

   風ニモマケズ

   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

   丈夫ナカラダヲモチ

   慾ハナク

   決シテ瞋ラズ

   イツモシヅカニワラッテヰル

   一日ニ玄米四合ト

   味噌ト少シノ野菜ヲタベ

   アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ

   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

   東ニ病気ノコドモアレバ

   行ッテ看病シテヤリ

   西ニツカレタ母アレバ

   行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

   南ニ死ニサウナ人アレバ

   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

   北ニケンクヮヤソショウガアレバ

   ツマラナイカラヤメロトイヒ

   ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ

   ミンナニデクノボートヨバレ

   ホメラレモセズ

   クニモサレズ

   サウイフモノニ

   ワタシハナリタイ

 

ドイツ人の友人はチェルノブイリ原発事故の痛い経験から、福島原発の事を真剣に心配しておりました。「ドイツへの帰国も視野に入れているけれど、貴方はどうするつもりですか?」と聞かれたので「私はここに残るつもり。どこに行ってもリスクは結局は同じなのでここで頑張るつもり」口に出したらすっきりした。そう、自分の帝国でがんばろう。この再度頑張れるチャンスを生きて迎える事が出来てほんとうにありがたい。「デクノボー」になるのは心底難しいかもしれないけれど、それほど難しい事でもないのかもしれない。

c0189085_18192147.jpg


海がたくさんの人を連れて行ったしまいました。
[PR]

by norihana333 | 2011-03-18 18:30 | 日常


<< つらつらと思う事。      Don't want ... >>